ミズノ ランニングシューズ ミズノエナジー搭載モデルまとめ

MIZUNO ENERGY(ミズノエナジー)はミズノ史上最高の反発ソール素材で、従来の素材であるU4ic(ユーフォリック)より反発性・柔らかさとも大きく向上された素材です。

ミズノエナジーには通常の「ミズノエナジー」の他、軽量さに優れた「ミズノエナジーライト」、反発性・柔らかさにより優れた「ミズノエナジーコア」の3種類があります。

そのミズノエナジーが搭載されたモデルのスペックや特徴を以下説明いたします。

なお、シューズの重量は公式サイトの情報を元に記載しています。

WAVE DUEL NEO(ウェーブデュエルネオ)

シューズの重量は27cmで195g、26cmで185gです。

ランク的にはサブ3.0から3.5レベルのシューズです。

ミッドソールには軽量なミズノエナジーライトが使われています。

さらにスパイクのテクノロジーを長距離シューズ用に応用したウェーブプレートが使われ、反発性を持たせています。

アッパーは軽量性を維持しながら素足のようなフィット性を実現するニット素材を使っています。

ニット自体はナイキのフライニットよりタイト目です。

さらに最も特徴的なのが足首回りで、すっぽり足首が入ってしまうミドルカットになっています。

足首をホールドさせることでシューズとの一体感を向上させています。ホールド感はかなり高めです。

アウトソールは縦方向のグリップ性を高めるように設計されたG3グリップを採用していて、パワーを地面に伝えやすい薄底寄りの仕様になっています。

実際、ウェーブデュエルネオは厚底ではなく、かといって薄底というほど薄くもありません。

厚底寄りのクッションと反発がありますが、そこまで強くないため、しっかり地面を蹴って走るのがおすすめです。


WAVE DUEL NEO Low(ウェーブデュエルネオ ロー)

シューズの重量は26cmで195gです。

ランク的にはサブ3.0から3.5レベルのシューズで、ミドルカットのウェーブデュエルネオをローカットにしたのがウェーブデュエルネオ ローです。

価格は本体価格でこちらの方が4,000円も安くなる19,000円です。

意外にもシューズの重量は26cm比較でローの方が10gほど重くなっています。

その理由は、ローの方はかかとをしっかりホールドするために芯材が入っているためだと思われます。

そのため、ミドルカットがしっくりこないとか少しでも安い方が良いという方にはローの方がおすすめですが、機能性を求めるなら通常盤のウェーブデュエルネオの方が良いでしょう。

WAVE DUEL NEO2ELITE(ウェーブデュエルネオ2エリート)

シューズの重量は27cmで185gです。

ミドルカットのウェーブデュエルネオのアップデート版で、コンセプトの通り、「反発」はそのままに、軽量性が向上した2代目モデルです。

前作はインソールまで含めるとトラックの公式レースで使える25mmの厚さ規定に引っかかっていましたが、今作ではミッドソールはそのままにインソールの素材を変更することで規定内におさめています。

ウェーブデュエルネオの2代目がウェーブデュエルネオ2エリートで、ウェーブデュエルネオ ローの2代目がウェーブデュエルネオ2と、名称はややこしいので混同しないよう注意が必要です。

ウェーブデュエルネオ2エリートについて詳しくは「ミズノ ウェーブデュエルネオ2エリート&ネオ2 スペック・特徴レビュー!」の記事を参照してください。

WAVE DUEL NEO2(ウェーブデュエルネオ2)

シューズの重量は27cmで175gです。

ウェーブデュエルネオ2はウェーブデュエルネオ ローのアップデート版で、コンセプトの通り、「反発」はそのままに、軽量性が向上した2代目モデルです。

前作はインソールまで含めるとトラックの公式レースで使える25mmの厚さ規定に引っかかっていましたが、今作ではミッドソールはそのままにインソールの素材を変更することで規定内におさめています。

前作はローカットモデルながらヒールカウンターの重さでミドルカットより重量がありましたが、今作はヒールカウンターがしっかり入りながらもミドルカット版より軽量に仕上げています。

ウェーブデュエルネオ2について詳しくは「ミズノ ウェーブデュエルネオ2エリート&ネオ2 スペック・特徴レビュー!」の記事を参照してください。

WAVE DUEL NEO SP(ウェーブデュエルネオ エスピー)

シューズの重量は27cmで240gです。

ランク的にはサブ3レベルのシューズで、一言で言うと、ウェーブデュエルネオの厚底版です。

ミズノエナジーライトのミッドソールにウェーブプレートを挟み、反発性をウェーブデュエルネオより強くしています。

厚底になったことで、ウェーブプレートは中足部から後足部にかけては波形形状になりました。

これはナイキの厚底シューズのカーボンプレートがスプーン状に入ることで前への推進力を増しているのと同等の効果があると思われます。

アウトソールはウェーブデュエルネオと同じくG3グリップで、厚底でここまで高グリップのシューズは他メーカーにはありません。

その分、弾むような感覚はありませんが、しっかりと地面を捉えたいパワー型のランナーに向いたシューズです。

WAVE REBELLION(ウェーブリベリオン)

シューズの重量は27cmで235gです。

マラソン3時間切りを目指すというコンセプトで発売された厚底シューズです。

ミッドソールの厚さはウェーブデュエルネオSPを上回る36.5cmです。

また、初めてこのシューズに搭載された技術がグラスファイバー入りのプレート(ミズノウェーブ)です。

通常のプレートよりもしなり剛性が強く、カーボンより柔らかいため屈曲性があるのが特徴です。

アウトソールはグリップ性の高いG3ソールを採用しており、一般的な厚底シューズが反発を使って蹴らないで進むのがおすすめの走法なのに対し、ウェーブリベリオンはしっかりと地面を蹴って走るのがおすすめです。

ウェーブリベリオンについて、より詳しくは「ミズノ ウェーブリベリオン スペック・特徴レビュー!」の記事を参照してください。

WAVE AERO 19(ウェーブエアロ19)

シューズの重量は27cmで215gです。

ランク的にはサブ3.5から4.0レベルのシューズです。

ミッドソールは前足部から中足部にかけてはU4ic(ユーフォリック)で、後足部の白い部分がミズノエナジーです。

またウェーブプレートが入っており、反発性を高めています。

このシューズの反発性は、ミズノエナジーよりウェーブプレートによるもので、ミズノエナジーは後足部にしか入っていないためか、その反発性やクッション性は感じにくいです。

アッパーは、横には伸びても縦に伸びないウーブンアッパーが採用され、一体型のシュータンもあって足を入れにくい代わりに、履いてしまえばフィット感が高いです。

インソールは取り外し可能で柔らかくクッション性の高いプレミアムインソールが使われ、薄底の部類に入るウェーブエアロ19にクッション性を追加しています。

ウェーブエアロ19は、ミズノのホームページによると「サブ3.5 突破性能」を謳っているシューズです。

確かにレベル的には妥当なところだと思いますが、いわゆる最近の厚底のような性能ではないため、厚底が苦手で軽い方が好み、かつサブ3.5くらいの走力のランナー向けです。

またレーシングシューズという位置付けですが、ウェーブデュエルネオをレーシング用として使う人の練習用にも向いていると思います。

WAVE SHADOW 4(ウェーブシャドウ4)

シューズの重量は27cmで260gです。

ランク的にはサブ3.5から4.0に分類されるシューズです。

ミズノエナジーはミッドソール全体に使われています。

また、ミズノウェーブは中足部から前足部に入っています。

前作は後足部に入っていましたが、今作から変更されました。

外側は中足部、内側は前足部に入っていますが、中足部の外側で着地して前足部の内側へ抜けていく動きをサポートしてくれます。

シューズのコンセプトは「ミッドフットで、加速を生み出せ。」です。

コンセプトの通りミッドフットを意識した作りになっているため、かかと着地には向いていません。

後述するウェーブライダーからのステップアップシューズとして使っていただくのが良いと思います。

WAVE SHADOW 5(ウェーブシャドウ5)

シューズの重量は27cmで250gです。

前作のウェーブシャドウ4からはマイナーチェンジで、アッパーくらいしか目立った変更点はありません。

ウェーブシャドウ5についてより詳しくは「ミズノ ウェーブシャドウ5 スペック・特徴!前作との違いは?」の記事を参照してください。

WAVE RIDER 24(ウェーブライダー24)

シューズの重量は27cmで275gです。

ランク的にはサブ4.5から6.0向けのシューズです。

24代続くミズノのフラッグシップモデルで、ナイキのペガサスシリーズやアシックスのゲルカヤノシリーズと向いているランナーのレベル感は同じです。

ミッドソールは上側がU4ic(ユーフォリック)と下側がミズノエナジーの2層です。

ミズノエナジーを新しく搭載したことによってウェーブライダー24はかなり柔らかいシューズに生まれ変わりました。

かかとにはミズノウェーブが入っていてドロップ差も12mmあるため、かかと着地のランナーに向いています。

履いた感じは非常に柔らかくクッション性はもちろんありますが、沈み込むようなクッションではありません。

感覚的にはナイキのペガサス36に近いです。

サブ5.0に分類されていますが、もう少し上(サブ4.0)のレベルやサブスリーランナーのジョグ用などにもおすすめできるシューズです。

また、ウエーブライダー24はかかと着地向けのシューズですが、ここからミッドフットに移行したい場合に前述のウェーブシャドウ4がおすすめです。

WAVE RIDER 25(ウェーブライダー25)

シューズの重量は前作とほぼ変わらず27cmで275gです。

前作から大きく変更された点はミッドソールが前面ミズノエナジーとなり、1mm厚くなったことです。

そのため、前作より柔らかくクッション性も高くなりましたが、そのままでは安定性に欠けるため、新形状のパラレルウェーブといわれるプレートを中足部まで入れることにより安定性を高めています。(前作ではミズノウェーブはかかと部のみ)

ウェーブライダー25は柔らかいが柔らかすぎないクッション性と高いホールド感・フィット感を持ち、初心者ならオールラウンドに、中上級者ならジョグ用にとても良いシューズです。

ウェーブライダー25についてより詳しくは「ミズノ ウェーブライダー25 スペック・特徴レビュー!」の記事を参照してください。

WAVE RIDER NEO(ウェーブライダーネオ)

シューズの重量は27cmで270gです。

ランク的にはサブ4.0から5.0向けシューズです。

基本設計はウェーブライダー24と同じですが、より対象レベルが上になっています。

ウェーブライダー24と違うのは前面にミズノエナジーが搭載されている点と、ミドルカットになった点とアウトソールがG3ソールになった点です。

全面にミズノエナジーが搭載されたことによって、より柔らかさと反発性が増しています。

また、「ネオ」が商品名につくモデルはウェーブデュエルネオと同じくミドルカットです。

ミドルカットにするとホールド感が高くなるというのと、軽量化されるというメリットがあります。

軽量化は意外に感じるかと思いますが、かかとに芯材を入れなくてもしっかり足を包み込んでくれるためです。

アウトソールのG3ソールはグリップ性を高め、しっかり蹴って走るために有効です。

ウェーブライダーネオの基本設計はウェーブライダー24と同じと前述しましたが、ウェーブライダー24を履いていたランナーがステップアップシューズとして履くようなモデルではありません。

どちらかと言うと、ウェーブデュエルネオをレース用に履く人の練習用モデルといった位置付けです。

WAVE REVOLT(ウェーブリボルト)

シューズの重量は27cmで265gです。

ランク的には完走レベル向けのシューズです。

ミズノエナジーが全面に使われていますが、それ以外にこれといった大きな機能性はありません。

しかしミズノ公式ホームページによるとクッションレベルは6段階中の5で、後述するウェーブスカイ4と同レベルです。

ウェーブスカイシリーズは、ミズノのランニングシューズの中でも最高レベルのミッドソールの厚さとクッション性を持っているシューズです。

さすがにそこまでのクッションはないように思えますが、定価8,500円(税抜き)という低価格でかなりのクッション性があり、初心者用にしては軽いシューズです。

そのため、エントリーモデルとしてとりあえずミズノエナジーを試してみたい方や、多くの機能性を求めずそこそこのクッションがあって安いシューズを探している方におすすめです。

WAVE REVOLT2(ウェーブリボルト2)

シューズの重量は27cmで265gと前作とほぼ同じです。

前作から変更されたのはアッパーくらいですが、前作も今作もニットなのでそれも大きな変更ではありません。

大きな機能はありませんが、ミズノのランニングシューズの中でもクッション性はフラッグシップモデルであるウェーブライダーシリーズより高く、価格は安いため、これからランニングを始めたい人のとりあえずの1足にはおすすめです。

WAVE SKY 4(ウェーブスカイ4)

シューズの重量は27cmで345gです。

ランク的にはサブ5.0から完走レベルのシューズです。

シューズの重量はありますがクッション性はかなり高く、スカイ(空)をイメージさせる浮遊感のあるシューズです。

ミッドソールは2層になっていて、上がミズノエナジー、下がU4ic(ユーフォリック)です。

足に近い上側にミズノエナジーが搭載されていることによって、柔らかさを増しているように思えます。

さらにミズノウェーブは全面に搭載され、非常に柔らかく高い反発性を持つXPOPを内蔵しているため、クッション性は抜群で反発性にも優れるシューズです。

重さはあってもクッション性に優れるモデルを求めるランナーにおすすめのシューズです。

WAVE SKY 5(ウェーブスカイ5)

シューズの重量は27cmで310gと30g以上軽量化されました。

ミッドソールは前作のウェーブスカイ4がU4ic(ユーフォリック)とミズノエナジーの2層だったのに対し、ウェーブスカイ5はミズノエナジーコアとミズノエナジーの2層です。

ミズノエナジーコアは通常のミズノエナジーより反発性のある素材です。

前作はXPOPを内蔵することで反発性を持たせていましたが、今作はXPOPを廃止し、U4icからミズノエナジーコアに変更することで軽量性と反発性を上げることができました。

なお、このミッドソールの組み合わせはウェーブスカイネオと同じで、ネオとの違いはローカットかミドルカットかという点です。

ウェーブスカイシリーズはミズノウェーブを搭載したミズノのランニングシューズの中で、最もクッション性が高く重量もあるシューズなので、最も初心者向きです。

これよりクッションなくても軽量なのがよければウェーブスカイライズ2、さらにもう少しクッションがなくても軽量なのが良ければウェーブリボルト2がおすすめです。

WAVE SKY NEO(ウェーブスカイネオ)

シューズの重量は27cmで345gです。

ランク的にはサブ5.0から完走レベルのシューズです。

レベルも重量もウェーブスカイ4と同じです。

基本性能も似ていますが、ウェーブスカイシリーズのプレミアムモデルとされています。

違う点は主に以下の2点です。

まずはミドルカットでシュータン一体型なところで、これは「ネオ」と名のつくシリーズには共通するスペックです。

次にミッドソールですが、ミズノエナジー+U4icの2層構造にXPOPを内蔵したウェーブスカイ4に対し、ウェーブスカイネオは全面ミズノエナジーにミズノエナジーコアを内蔵しています。(ミズノウェーブ全面搭載は同じです)

ミズノエナジーコアはU4icの約3倍にもなる反発性を持った素材で、トランポリンのように跳ねます。

これを内蔵したことや前面にミズノエナジーを搭載したことによってクッション性はMAXです。

ウェーブスカイネオは、とにかく柔らかくてクッション性の高いシューズを求めているランナーにおすすめのモデルです。

WAVE SKY RISE 2(ウェーブスカイライズ2)

シューズの重量は27cmで290gです。

ランク的には完走レベル向けのシューズです。

ミズノエナジーは全体に、ミズノウェーブはかかとに搭載しています。

また柔らかく反発性の高いXPOPを内蔵し、クッション性と反発性を増しています。

ウェーブスカイライズ2は、クッション性MAXのウェーブスカイ4から機能性を少し落とすことで軽量感を持たせたようなシューズです。

まとめ

以上、ミズノエナジーシリーズについてのまとめでしたが、他メーカーのランニングシューズについてもまとめてますので、よろしければ以下の記事も参照してください。

アシックス ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ

アディダス アディゼロシリーズ スペック・特徴まとめ

ホカオネオネ ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ

ニューバランス フューエルセル シリーズ スペック・特徴まとめ

ニューバランス ハンゾー シリーズ スペック・特徴まとめ

ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新

公式サイトは以下のリンクからご確認ください。

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

スポンサーリンク