ホカオネオネ ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ

ホカオネオネは2009年にフランスで誕生した厚底ランニングシューズブランドです。

最近でこそ厚底ランニングシューズは一般的になりましたが、厚底という意味ではナイキよりむしろ先輩と言えるブランドです。

ホカオネオネのほとんどのモデルに共通する特徴は、分厚いミッドソールとマシュマロのようなクッション、そしてそのわりに軽量なところです。

また、メタロッカーテクノロジーも有名で、スムーズな足運びを促すために、ドロップ差(つま先とかかとの高さの差)を少なくすることで、転がるように前に足を進ませる仕組みです。

そんなホカオネオネのランニングシューズの中から、シリアスランナーのレース用に使えるシューズから初心者用のシューズまで、様々なラインナップの特徴をまとめましたので以下ご覧ください。

なお、シューズの重量はホカオネオネ公式サイトの情報を基にしています。

「ホカオネオネ公式サイト」

ROCKET X(ロケット エックス)

シューズの重量は27cmで210gです。

スピードモデルである「カーボンロケット」と長距離モデルである「カーボンX」の名前を受け継いだホカオネオネの最上級モデルです。

レーシングモデルにしてはしっかりヒールカウンターが入っているため重さがありそうですが、その分薄いアッパーで軽量化しています。

また、ホカ史上最軽量のコンプレッションEVAフォームをミッドソールに採用し、カーボンファイバープレートを内蔵しています。

ホカオネオネならではの高いクッション性を持っていますが、ホカで最も売れているクリフトン7や重量の近いリンコン2ほどの柔らかさはありません。

感覚的にはクリフトンエッジに近く、比較的硬めです。

カーボンプレートが入っていることもあって反発力は高いですが、ナイキの厚底シューズほどではありません。

その代わりシューズが沈み込むような感覚はないため、薄底のような感覚で走れる厚底シューズです。

ホカオネオネの中で最もスピードは出しやすいですが、1,000mのインターバルや5,000mのレースよりも、最低でも10kmくらいを走る程度のスピードの方が性能を発揮します。

接地の位置は問わず、かかとから着地しても走りやすいです。

ロケットXはエリートのレーシング用という位置付けですが、むしろ初級者・中級者くらいの方が合うのではないかと思える安定性の高いシューズです。

カーボンロケットとカーボンXの良いところをミックスしたようなモデルですが、それらについてはそれぞれ別記事にてレビューをまとめてますので、よろしければ以下のリンクを参照してください。

ホカオネオネ「EVO カーボンロケット」レビュー!

ホカオネオネ「CARBON X(カーボンエックス)」レビュー!

ロケットX スペック・特徴

・27cm:210g
・ホカオネオネ最上級モデル
・カーボンプレート入り
・初級者・中級者レベルでも使いやすい
・10kmからフルマラソンくらいのレース向け


CARBON X(カーボン エックス) 2

シューズの重量は27cmで239gです。

前作と同じくPROFLY(プロフライ)ミッドソールを搭載しています。

これはクッション性を高めるために程よい弾力と厚さを持ったヒール部分と、推進力を高めるためにある程度の硬さを持たせた前足部分を融合させたものです。

カーボンプレートも入っていますが、反発性はそれほどありません。

前作から変更された部分はシュータンとかかと部分です。

シュータンは硬くなり、かかとはそり返り、ホールド感を増しました。

また、かかとは後方にせり出し、二股に分かれるというユニークな形状になりました。

これによりかかと着地時の安定感が向上し、明らかにヒールストライカー向けのシューズとなりました。

前作と同じくスピードを出せるようなシューズではなく、フルマラソンからそれ以上の距離を安定して走ることに適しています。

前作のレビューは「ホカオネオネ「CARBON X(カーボンエックス)」レビュー!」の記事を参照してください。

カーボンX 2 スペック・特徴

・27cm:239g
・PROFLY(プロフライ)ミッドソール
・カーボンプレート入り
・かかと着地のランナー向け
・フルマラソンからウルトラマラソン向け

CLIFTON(クリフトン)7

ホカオネオネの代表的なシューズです。

シューズの重量は27cmで247gです。

クリフトンシリーズはホカオネオネのランニングシューズで一番売れているシリーズで、初級者・中級者くらいならジョグからスピード練習、レースにまでオールラウンドに使えます。

上級者であれば用途はジョグや軽いテンポ走・距離走くらいになりますが、足当たりが柔らかいのが特徴です。

その柔らかさは、ホカオネオネの代名詞とも言える厚底でフルコンプレッションのEVAミッドソールによるものです。

また、クリフトン7は前作のクリフトン6に比べて27cmで8gも軽量化されました。

ミッドソールは変わらずアッパーの変更だけで軽量化しましたが、クリフトン7で採用されたのがオープンエンジニアードのサンドイッチメッシュと呼ばれるものです。

サンドイッチという名前のように上下でサンドイッチしているようなアッパー素材ですが、厚そうに見えて薄く、そして足当たりが柔らかいのが特徴です。

1足をあらゆる用途で使いたい初級者・中級者ランナーや、ジョグやリカバリーなどの用途で足当たりの柔らかいシューズを探している上級者におすすめです。

クリフトン7 スペック・特徴

・27cm:247g
・ホカオネオネで最も売れている代表的シリーズ
・オープンエンジニアードサンドイッチメッシュアッパー
・マシュマロクッションで足当たり柔らか
・初級者・中級者までならオールラウンドに使える(上級者ならレース・スピード練習以外)

CLIFTON(クリフトン)8

前作からはマイナーチェンジとなりましたが、より足当たりの柔らかさを追求したようなモデルです。

前作との違いは主に以下の5点です。

クリフトン7と8の違い

・アッパーの通気穴の多さ
・つま先の補強
・ミッドソールの重さ
・アウトソールのラバー
・シュータンの厚さ

マシュマロクッションが特徴のクリフトンが、つま先の補強をなくしシュータンを厚くしたことで、より足あたりの柔らかいシューズになりました。

また、アウトソールのラバー面積を増やし、より安定性・耐久性の高いモデルとなりました。

それでいてミッドソールは厚さそのままに軽量化を図ったため、重さはほとんど変わりませんでした。

走行感としてはラバー面積が増えた分、前作より硬く感じる点はありますが、前作同様にホカオネオネのマシュマロクッションとメタロッカーテクノロジーのライド感を味わえるモデルです。

クリフトン8について、より詳しくは「ホカオネオネ クリフトン8 スペック・特徴!クリフトン7との違いは?」の記事を参照してください。

クリフトン8 スペック・特徴

・27cm:250g
・ホカオネオネで最も売れている代表的シリーズ
・エンジニアードメッシュアッパー
・マシュマロクッションで足当たり柔らか
・初級者・中級者までならオールラウンドに使える(上級者ならレース・スピード練習以外)

BONDI(ボンダイ)7

シューズの重量は27cmで303gです。

クリフトン7と比べるとミッドソール素材は同じですが厚みはこちらの方があり、クッション性はホカオネオネの中でも最高のシューズです。

シューズの重量はかなりあるので、とにかくクッション性の高いシューズを探しているランナーや、日常使いをしたい方におすすめです。

ボンダイ7 スペック・特徴

・27cm:303g
・超厚底ミッドソール
・クッション性はホカオネオネ最大
・ジョグまたは日常使い向け

RINCON(リンコン)2

シューズの重量は27cmで218gです。

クリフトン7より軽量でスピードが出しやすいシューズですが、ミッドソール自体は素材も厚みも同じと思われます。

前作のリンコンからはアッパーの変更のみですが、こちらもクリフトン7と同じエンジニアードサンドイッチメッシュとなりました。

クリフトン7より軽くてスピードを出しやすい代わりにアウトソールのラバー面積が少なく耐久性は落ちます。

また、足当たりの柔らかさはクリフトン7の方が上です。

さらにスピードを出せるかという点においては、カーボンプレートの入っているロケットXの方が上ですが、カーボンのないモデルの中では一番スピードを出しやすいモデルです。

重量も軽くピッチ走法向きです。

用途としてはスピード練習を中心に、幅広く使えるモデルです。

リンコン2 スペック・特徴

・27cm:218g
・クリフトン7に近いが、より軽量でスピード出しやすい
・クリフトン7より柔らかさと耐久性はない
・ピッチ走法向き
・スピード練習向け

MACH(マッハ)4

シューズの重量は27cmで232gです。

特徴は上下2層に分かれたミッドソールで、下は硬く上は柔らかいPROFLYです。

下が硬いため、地面からの反発は早く強めながら、上側の柔らかいクッションにより足当たりは良いシューズです。

用途としてはリンコン2に近く、スピード練習を中心に幅広く使えるモデルです。

リンコン2と比べるとマッハ4の方が反発力は高めながら重量があり、ストライド走法向きです。

また、アウトソールもラバライズドEVAで全面補強されているマッハ4の方が耐久性が高いです。

マッハ4 スペック・特徴

・27cm:232g
・PROFLYミッドソール
・接地感は硬めながら足当たりは柔らかめ
・ストライド走法向け
・スピード練習向け

CLIFTON EDGE(クリフトンエッジ)

シューズの重量は27cmで252gです。

復元力の高い新しいミッドソールを使用していると公式サイトに書かれています。

ミッドソールがかかとから大きくはみ出しているデザインが特徴的です。

アウトソールの幅も広めです。

これらの設計により、接地面積を広げ衝撃を軽減する効果や着地時のブレを少なくする効果があります。

「エッジ」というと尖ったイメージがありますが、この設計はそのイメージと真逆です。

エッジのイメージはかかとの尖りのみです。

また、シューズの名称に「クリフトン」もつきますが、クリフトンとはかなりイメージが異なるシューズです。

クリフトン7のようなマシュマロクッションではなく、やや硬く感じますが、反発力はクリフトンエッジの方があります。

クッション性自体はしっかりあり、着地面積の広さと安定性の高さもあるので長距離に向いています。

カーボンXもフルマラソン・ウルトラマラソンなどの長距離に向いているとされていますが、疲れづらさで言えばクリフトンエッジの方が上です。

カーボンXをレース用に使うのであれば、クリフトンエッジはその練習用としておすすめです。

クリフトンエッジ スペック・特徴

・27cm:252g
・エッジの印象はかかとの尖りのみ
・クリフトンの延長にはない
・ロング走・フルマラソン・ウルトラマラソン用

ARAHI(アラヒ)4

シューズの重量は27cmで273gです。

初心者向けのシューズですが、安定性の高いスタビリティーシューズで、ホカオネオネ特有のロッカー機能はありません。

クッションもクリフトンに比べると硬めです。

また、オーバープロネーション対策で、内側に倒れ込みにくい設計になっています。

用途としてはジョグ用1択ですが、オーバープロネーションでない方ならクリフトンの方がおすすめです。

アラヒ4 スペック・特徴

・27cm:273g
・メタロッカーテクノロジーは非採用
・オーバープロネーションランナーのジョグ用

まとめ

以上、ホカオネオネのランニングシューズをシリーズごとに紹介しましたが、それぞれの特徴をシューズ選びの参考にしていただけたらと思います。

また、他メーカーのランニングシューズについてもまとめてますので、よろしければ下記の記事も参照してください。

アシックス ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ

アディダス アディゼロシリーズ スペック・特徴まとめ

ミズノ ランニングシューズ ミズノエナジー搭載モデルまとめ

ニューバランス フューエルセル シリーズ スペック・特徴まとめ

ニューバランス ハンゾー シリーズ スペック・特徴まとめ

ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新

HOKA Ⓡ(ホカ)公式サイト

スポンサーリンク