フューエルセル スーパーコンプペーサー スペック・特徴レビュー!

スーパーコンプペーサーは、ニューバランスのフューエルセルシリーズから発売された中厚底のカーボンプレート入りシューズです。

フルマラソン用の厚底レーシングシューズ「RCエリートV2」に対して5kmから10kmなど短い距離のロードレース用モデルです。

スーパーコンプペーサー 重さ

ニューバランス公式オンラインストア

27cmで195gほどです。

中厚底のカーボン入りレーシングシューズとしては、ナイキのストリークフライ(26.5cm 171g)やアディダスのアディゼロタクミセン8(27cm185g)より重めですが、フューエルセルシリーズの厚底最高峰であるフューエルセル RCエリートV2(27cm210g)と比べると軽量です。

スーパーコンプペーサー アッパー

ニューバランス公式オンラインストア

アッパーはエンジニアードメッシュです。

通気孔は上の画像のように大きめです。

スーパーコンプペーサー ミッドソール

ニューバランス公式オンラインストア

ミッドソールの素材はもちろんフューエルセルです。

ニューバランス公式オンラインストア

また、間にはカーボンプレートが上の図のように弓形に入っています。

この形状がエナジーアークです。

カーボンプレートはフラットに入るかスプーン状に入るのが一般的で、このように弓状に入ったのは初めてです。

スーパーコンプペーサー アウトソール

ニューバランス公式オンラインストア

ラバー面積は狭く、フューエルセル剥き出しの部分が多いです。

そのため耐久性は低そうです。

ニューバランス公式オンラインストア

中足部は軽量化のため、穴が空いています。

スーパーコンプペーサー 走行感

ニューバランス公式オンラインストア

これまでのフューエルセルシリーズは、もちっとした感触と柔らかさがありましたが、スーパーコンプペーサーは硬さがあるように思います。

カーボンプレートが入っているため硬いというのもあると思いますが、同じくカーボンプレートが入っているフューエルセルRCエリートV2に比べてもミッドソールの硬さが感じられます。

そのため、柔らかい接地感が苦手な人にも使いやすく、逆に柔らかい接地感が好きな方には短い距離でもフューエルセルRCエリートV2の方がおすすめです。

同じように5km〜10kmのロードレースを想定した作りをしているナイキのストリークフライは、柔らかく屈曲性が高く薄底的な使い方をするようなシューズです。

反対に、フューエルセルのスーパーコンプペーサーは屈曲性があまりないため、厚底のようにシューズの反発を使って走る方法がおすすめです。

ただし、反発性自体はフューエルセルRCエリートほどあるわけではないため、ストライド走法で地面からの反発をもらって進むのではなく、ピッチ走法で推進力を高めていくような走り方がおすすめです。

なお、かかとも柔らかすぎないため、かかと着地でも問題ありません。

まとめ

ニューバランス公式オンラインストア

まずは基本スペックのまとめです。

フューエルセル スーパーコンプペーサーの基本スペック

重さ:27cm195g
アッパー:エンジニアードメッシュ
ミッドソール:フューエルセル+カーボンプレート

その他の特徴や個人的感想です。

フューエルセル スーパーコンプペーサーの特徴

・他のフューエルセルシリーズより硬め
・ピッチ走法向き
・かかと着地OK

スーパーコンプペーサーはAmazonやPayPayモールなど一般的にはあまり売られてないため、購入するなら実店舗か「ニューバランス公式オンラインストア」をご利用ください。

また、その他のフューエルセルシリーズについては「ニューバランス フューエルセル シリーズ スペック・特徴まとめ」の記事でまとめてますので、よろしければ参照してください。