アディダス アディゼロ アディオスプロ3 スペック・特徴レビュー!

アディダスのアディゼロ アディオスプロ3は、2022年7月1日に発売されたアディゼロシリーズの最高峰モデルです。

前作のアディオスプロ2は、発売時はアディオスプロ2.0という表記でしたが、現在はアディオスプロ2という表記に変わっています。

そのアディオスプロ2と比較しながら、どう変わったかを説明いたします。

アディオスプロ3 重さ

アディダス オンラインショップ

27cmで215gです。

前作より約5g重くなりました。

アディオスプロ3 アッパー

アディダス オンラインショップ

アディダス オンラインショップ

アッパーはニュースーパーライトメッシュです。

名称からしてより軽くなったと思いますが、前作のセラーメッシュ2.0より柔らかめです。

なお、初代アディオスプロはセラーメッシュで、セラーメッシュ2.0より硬かったため、段々と柔らかくなってきています。

アディオスプロ3 ミッドソール

アディダス オンラインショップ

アディダス オンラインショップ

アディダス オンラインショップ

アディダス オンラインショップ

ミッドソールはライトストライクプロです。

こちらはアディゼロシリーズで最も反発性とクッション性に富んだ柔らかい素材です。

厚さはかかと部が39.5mmで前作アディオスプロ2から変わらず、前足部は33mmと3.5mmも厚くなりました。

これによって10mmあったドロップ差は6.5mmに縮まり、走行感も大きく変わりました。

さらに上から見ても少し横にはみ出すくらいに幅広になりました。

また、ミッドソールに内蔵されているカーボンバー「エナジーロッド」は、前作では中足部から前足部のみでしたが、今回はフルレングスで搭載されました。

このフルレングスのカーボンバーのことをエナジーロッド2.0と呼んでいます。

アディオスプロ3 アウトソール

アディダス オンラインショップ

アディダス オンラインショップ

アディダス オンラインショップ

前足部にコンチネンタルラバー、中足部と後足部にライトウェイトテキスタイルラバーという組み合わせは前作と一緒ですが、ラバー部分が広がりました。

コンチネンタルラバーは強力なグリップ性が特徴で、ライトウェイトテキスタイルラバーは高いグリップ性がありながら、軽量な素材です。

ラバー面積を増やすと耐久性とグリップ性は上がりますが、重量も上がります。

それを抑えるため、地面に触れない部分は切り込みや空洞化されたデザインとなっています。

アディオスプロ3 走行感

アディダス オンラインショップ

厚みを増した前足部のクッション性・反発性は前作より大きく上がり、それに加えてキュッと上がったつま先部分によって前への推進力がアップしています。

また、エナジーロッドがフルレングスに伸びたこと、ミッドソールが幅広になったことによって安定感も上がりました。

これだけの変更があれば重量もアップしそうですが、前作とそれほど変わらないのは、ところどころ空洞があり、削られている部分もあるためです。

この空洞部分は走る際の違和感になるかと思うかもしれませんが、実際にはそこで着地することはないためか、全く空洞部分の存在を忘れるくらいです。

かかと部は39.5mmと極厚ですが、かかとで着地してもぐらつきはありません。

前作では気になる人もいたようですが、今作は安定感を増したため、ヒールストライカーにはうれしい変更です。

前作もかかと着地向きのシューズと私は思ってますが、今作はこれらの変更により、よりかかと着地向きのシューズとなったように思います。

ドロップ差が縮まったことにより、前へと進ませるライド感は減るかと思いましたが、つま先部分がキュッと上がっているためか、カクンと前に進ませるようなライド感が感じられます。

これらのことを総合すると、前作との比較では確実に良くなったと思います。

しかし、ナイキのヴェイパーフライネクスト%2やアシックスのメタスピードスカイ+と比較すると、総合的にはやや弱いかなとも思います。

それらに確実に勝っているのはクッション性です。

そのため、より速いスピードが要求されるハーフ以下の距離より、フルマラソンなどの長距離向けです。

まとめ

アディダス オンラインショップ

アディオスプロ3のスペックのまとめです。

アディオスプロ3 スペック

・重さ:27cm230g
・ソールの厚さ:39.5mm(ヒール39.5mm/前足部33mm)
・ミッドソール:Lightstrike PRO(ライトストライクプロ)+EnergyRods 2.0(エナジーロッド2.0)

アディオスプロ3 特徴

・ライド感高め
・ヒールストライカー向け
・クッション性高く長距離向き

その他のアディゼロシリーズに関しては、「アディダス ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ」の記事でまとめてますのでよろしければ参照してください。

スポンサーリンク