ホカ クリフトン9 スペック・特徴レビュー!
スポンサーリンク

クリフトン9は2023年2月15日に発売された、ホカの代表モデルです。

昨年はアップデートがなかったため、2年ぶりのアップデートとなりましたが、大きくモデルチェンジしました。

以下、主に前作との違いを説明いたしますが、税込20,900円と、前作のクリフトン8の17,600円から定価も3,300円の大幅アップとなりました。

クリフトン9 重さ

「ホカ公式サイト」

27cmで248gと前作より2gだけですが軽量化されました。

しかし、ミッドソールの厚みやアウトソールの底面積・ラバーなどの増加を考えると、軽量化されたこと自体が驚きです。

見た目からは考えられないほどの軽さです。

スポンサーリンク

クリフトン9 アッパー

「ホカ公式サイト」

アッパーはエンジニアードニットです。

前作のエンジニアードメッシュから変更になりました。

スポンサーリンク

クリフトン9 ミッドソール

「ホカ公式サイト」

ミッドソールはCMEVAという新しいフォームになり、厚さは前作より3mmも増し32mmとなりました。(見た目的にはもっと厚そうですが)

ホカの誇るマックスクッションモデルであるボンダイ8より1mm薄いだけです。

外側から触った感じは前作より柔らかく、グニュッと反発する感触があります。

クリフトン9 アウトソール

「ホカ公式サイト」

アウトソールのラバーは、ボンダイ8にも使われたDurabrasion Rubber™(デュラブレーションラバー)に変更されました。

ホカのラバーは耐久性があまりないことがよく指摘されていましたが、前作よりも耐久性の高いラバーに変更された上、ラバー面積も若干広がりました。

また、中足部のアウトソールの幅自体も広がりました。

クリフトン9 走行感

「ホカ公式サイト」

外から触った柔らかさの感覚や、厚みを増したミッドソールから想像されるよりクッション感は硬めです。

明らかに前作より硬く感じられます。

これはミッドソールというよりインソールが変更されたことが大きいようです。

柔らかいインソールだった前作から、反発性の高いインソールになっています。

ミッドソール自体は前作より柔らかく厚みも増しているため、クッション性は前作より高いです。

反発性も明らかに増し、ホカの特徴でもあるメタロッカー機能によるライド感も増し、スピードは出しやすくなりました。

プレートは入っていませんが、剛性は高く屈曲性は低いため、転がしながらスピードを出していくイメージです。

ふかふかのクッションが欲しいのであればボンダイ8の方がおすすめですが、バランス的にはクリフトン9の方が良く、使いやすいシューズです。

まとめ

「ホカ公式サイト」

クリフトン9のスペックや特徴をまとめると以下の通りです。

クリフトン9のスペック・特徴

・27cm:248g
・エンジニアードニットアッパー
・CMEVAミッドソール(従来より軽量性・反発性UP)
・Durabrasion Rubber™(従来より耐久性UP)
・オールラウンドに使いやすい
・前作よりクッションは硬めながら、反発性は上がりスピードは出しやすい
・ホカで最も売れている代表的シリーズ

その他のホカのシューズについては「ホカ ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ」の記事を参照してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク