ホカオネオネ マッハスーパーソニック レビュー!

ホカオネオネのマッハスーパーソニックは、2022年3月1日に、カーボンX3とともに発売されました。

マッハスーパーソニックという名称から連想する方も多いと思いますが、マッハ4の進化版モデルです。

そこでマッハ4と比較しながら、そのスペックや特徴を説明いたします。

マッハスーパーソニック 重さ

HOKA ONE ONE公式サイト

27cmで235gです。

232gのマッハ4とほぼ同じと考えて良いでしょう。


マッハスーパーソニック アッパー

HOKA ONE ONE公式サイト

エンジニアードメッシュです。

メッシュのデザインや形状はマッハ4と異なりますが、素材自体は同じで特筆すべき変更ではありません。

マッハスーパーソニック ミッドソール

HOKA ONE ONE公式サイト

ミッドソールはPROFLY+(プロフライプラス)です。

マッハスーパーソニックの一番の売りはこのミッドソールです。

このシューズが発売された時点で、このミッドソールが搭載されたシューズは他にありません。

もともとPROFLY(プロフライ)というミッドソールは前作のマッハ4やカーボンX2などに使われているミッドソールで、クリフトン8やボンダイ7、リンコン3などのミッドソールと比べて柔らかく反発性があるのが特徴です。

プロフライプラスはその進化系で、より柔らかく反発性があるのが特徴です。

マッハスーパーソニック アウトソール

HOKA ONE ONE公式サイト

アウトソールはマッハ4と同じく全面ラバライズドEVAです。

これはラバーとEVAの中間のような素材で、耐久性・グリップ性ともに優れた素材です。

マッハスーパーソニック レビュー

HOKA ONE ONE公式サイト

より反発性を増したミッドソールにより、マッハ4よりストライドが伸びる感はあります。

用途としてはマッハ4の延長にあり、スピード練習に向いたシューズです。

マッハ4と用途のかぶるタイプのシューズにリンコン3がありますが、リンコン3はピッチ走法向け、マッハ4とマッハスーパーソニックはストライド走法向けです。

リンコン3の方が接地感は硬く、より軽量ですが、アウトソールの耐久性はマッハ4・マッハスーパーソニックの方があります。

同時発売されたレーシングシューズ「カーボンX3」と比較しても、カーボンが入っていない分、マッハスーパーソニックの方が接地感は柔らかく感じます。

しかし、ナイキのミッドソール「ズームX」のような柔らかさと反発感はありません。

そのかわり、ホカオネオネ特有のメタロッカー機能により、ナイキにはないライド感(自然と前に脚を運んでくれるような感覚)があります。

つまり、ナイキの厚底のように反発を使ってガシガシ進んでいくのではなく、ホカオネオネのライド感が好きな方の中で、より反発性が欲しいという方向けの練習用シューズです。

まとめ

HOKA ONE ONE公式サイト

マッハスーパーソニックのスペックや特徴をまとめると以下の通りです。

マッハスーパーソニック スペック・特徴

・27cm:235g
・PROFLY+ミッドソール
・ラバライズドEVA
・マッハ4の進化版
・ミッドソールの柔らかさはホカ最上級
・ストライド走法向け

ホカオネオネのシューズについては「ホカオネオネ ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ」の記事でまとめてますので、よろしければ参照してください。

スポンサーリンク