プーマ ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ

プーマはランニングシューズ業界では後発ブランドですが、2021年くらいからトップレベルの選手も履いている人が増えてきました。

その中でも2021年に登場したニトロシリーズについて、まとめました。

シューズ名には「ニトロ」がつきますが、これはミッドソールに使われるフォームの名称です。

ニトロフォームはEVA(エチレンビニルアセテート)に窒素ガスを封入する技術で作られるフォームですが、その封入度合いを変えることでそれぞれのシューズのクッション性や反発弾性を変更しています。

また、もう一つの特徴として、「スペクトラ」「ファイヤーグロー」などカラーを意味する表記が商品名の最後につけられていることです。

これはカラーの違いなので、例えば「デヴィエイトニトロ エリート スペクトラ」と「デヴィエイトニトロ エリート ファイアーグロー」に機能の優劣はありません。

リベレイト ニトロ

プーマ公式オンラインストア

定価は税込13,200円、軽量でニトロフォームの柔らかさがわかるシューズです。

シューズの屈曲性が非常に高く、ヒールカップもないため、かかとまでグニャグニャ曲がります。

アウトソールにはプーマグリップという耐久性・グリップ性に優れるラバーが広範囲で使用されています。

このグリップもニトロシリーズでは標準的に使用されるグリップです。

リベレイトニトロは大きな助力やクッションがあるシューズではありません。

その分、あらゆる用途に使いやすいシューズです。

リベレイト ニトロ スペック・特徴

・重さ:27cm184g
・ミッドソール:ニトロフォーム
・アウトソール:プーマグリップ
・屈曲性が高く、ヒールまでぐにゃぐにゃ
・あらゆる用途に使いやすいオールラウンドモデル

ディヴィエイト ニトロ2

プーマ公式オンラインストア

定価は税込19,800円、デヴィエイトニトロ2は「誰でも履けるみんなの厚底」をコンセプトにした、カーボンプレート入りのシューズです。

ミッドソールはかかと部にニトロフォームを、フルレングスでニトロエリートフォームを搭載しています。

ニトロエリートフォームとは、ニトロフォームに高反発特殊素材を配合したもので、反発性のより高いフォームです。

そのミッドソールにPWRPLATE(パワープレート)と呼ばれるカーボンプレートを挟み込むことにより、強い推進力を生みだしています。

PWRPLATE(パワープレート)は先が二股に分かれているプレートで、最上級モデルであるファストアールニトロにも搭載されています。

二股になることでスイートスポットをつかみやすいようです。(実際にそれを足で感じるのは至難の業です)

アウトソールには通常のプーマグリップよりも軽量なプーマグリップLTが使われています。

前作では前足部全体にラバーが貼られてました。

今作ではラバー面積は減りましたが、縦のガイドラインが入ったことで前に自然な重心移動がしやすくなりました。

かかと部にもしっかりラバーが貼られており、ニトロエリートフォームより硬めのニトロフォームをかかと部に配していることからも、かかと着地を想定したシューズです。

「誰でも履けるみんなの厚底」というコンセプトがこのあたりからもうかがえます。

ガイドやサポートが多いことでシューズの重量は重くなっていますが、カーボンプレート入りシューズの扱いが難しいと思っている人や、上位モデルのディヴィエイト ニトロ エリートやファストアールニトロをレース用に履きたい人の練習用としておすすめです。

ディヴィエイト ニトロ2 スペック・特徴

・重さ:27cm262g
・ミッドソール:ニトロフォーム+ニトロエリートフォーム+PWRPLATE(パワープレート)
・アウトソール:プーマグリップLT
・扱いやすい厚底カーボン入りシューズ(重量はあるがガイドが強い)
・他メーカーの厚底カーボンシューズが扱いづらいと感じる人向け
・ディヴィエイト ニトロ エリートやファストアールニトロの練習用

ディヴィエイト ニトロ エリート

プーマ公式オンラインストア

定価は税込24,200円、ディヴィエイトニトロエリートはミッドソール全面にニトロエリートフォームを搭載した厚底カーボンプレート入りレーシングモデルです。

ファストアール ニトロが発売されるまではニトロシリーズの最上級モデルでした。

ミッドソール全面に使われているニトロエリートフォームとは、ニトロフォームに高反発特殊素材を配合したもので、反発性のより高いフォームです。

ミッドソールの間には「イノープレート」と呼ばれるスプーン状のカーボンプレートを挟み込んでいて、より推進力を高めています。

アッパーにはウルトラ ライトウェイト モノメッシュという、内側が透けて見えるほど薄いメッシュが採用されています。

アウトソールには通常のプーマグリップよりも軽量なプーマグリップLTが使われています

なお、「ディヴィエイトニトロエリート レーサー」「ディヴィエイトニトロエリート スペクトラ」「ディヴィエイトニトロエリート ファイアーグロー」という表記があるものもありますが、「レーサー」「スペクトラ」「ファイアーグロー」はカラーを表しているもので、機能には違いがありません。

ニトロシリーズ最上級とされるファストアールニトロと比較すると、ディヴィエイトニトロ エリートの方がむしろ柔らかさを感じます。

柔らかさと反発性を併せ持ちますが、ファストアールニトロよりも不安定さがあります。

かかとまで柔らかいニトロフォームエリートであるため、かかと着地すると不安定さを感じます。

そのぶん、使いこなせばファストアールニトロより速く走れる性能を持っています。

使い分けるのであれば、ディヴィエイトニトロエリートの方が短い距離(ハーフくらいまで)のレース向き、ファストアールニトロはフルマラソンのレース向きと言えます。

ディヴィエイト ニトロエリート スペック・特徴

・重さ:27cm191g
・ミッドソール:ニトロエリートフォーム+INNOPLATE(イノープレート)
・アウトソール:プーマグリップLT
・ファストアールニトロより柔らかく安定感がないぶん、使いこなせればスピードは出せる
・ファストアールニトロより短い距離のレース向き

ファストアール ニトロ エリート

プーマ公式オンラインストア

定価は税込27,500円、FAST-R NITRO ELITE(ファストアール ニトロ エリート)はプーマのニトロシリーズの最上級モデルです。

見た目はかなり特徴的で、前足部・後足部はアウトソールが完全に分かれ、間に入ったカーボンプレートが丸見えです。

ミッドソールはニトロエリートフォームがメインに使われ、PWRPLATE(パワープレート)と呼ばれるカーボンプレートが入っています。

これはディヴィエイトニトロエリートに使われているINNOPLATE(イノープレート)とは異なるようですが、性能の違いはイマイチわかりません。

おそらくパワープレートの方が厚みがあり、より推進力を上げることを考えたカーボンプレートです。

ファストアールニトロのミッドソールのもう一つの特徴は、かかと部に硬めのEVAが使われている点です。

他メーカーの最上級レベルの厚底レーシングシューズは、全面的に最上級のミッドソール素材が使われているケースが普通です。

それらの素材は柔らかくクッション性と反発性に優れますが、厚みがあると安定性もないのが共通の特徴です。

そのため、かかと着地をすると安定感に欠けるディヴィエイトニトロ エリートや他メーカーの厚底シューズとは違い、ファストアールニトロエリートは、かかと着地でも安定感があるのが特徴です。

また、前足部に使われているニトロエリートは柔らかいフォームですが、カーボンプレート(パワープレート)が地面に近い位置に入っているため、沈み込む感覚はありません。

ファストアールニトロエリートは、見た目的には不安定そうなシューズですが、実際には厚底のわりに安定感の高い、扱いやすいレーシングモデルです。

ファストアール ニトロ エリート スペック・特徴

・重さ:27cm194g
・ミッドソール:ニトロエリートフォーム+PWRPLATE(パワープレート)+EVA
・アウトソール:プーマグリップLT
・ニトロシリーズ最上級の厚底レーシングモデル
・不安定そうな見た目に反して安定感が高い

マグニファイ ニトロ

プーマ公式オンラインストア

定価は税込17,600円、ニトロシリーズの誇るマックスクッションモデルです。

ミッドソールは上層に柔らかいニトロフォームを配置し、足あたりは柔らかめです。

下層には硬めのPro Foam(プロフォーム)を配置しています

プロフォームはEVA(エチレンビニルアセテート)で、通常のランニングシューズによく使われている素材です。

この2層のクッション構造により、着地時の安定感と足当たりの柔らかさを出しているシューズです。

ジョグシューズという位置づけですが、足当たりが良いので普段履きにもおすすめです。

ジョグシューズにしては定価が高いのが難点ですが、発売から時間が経っているせいか30%引きくらいで販売されている場合が多いです。

マグニファイ ニトロ スペック・特徴

・重さ:27cm290g
・ミッドソール:ニトロフォーム+Pro Foam
・アウトソール:プーマグリップ
・ニトロシリーズで最もクッション性の高いシューズ

ベロシティ ニトロ2

プーマ公式オンラインストア

税込14,300円、プーマのニトロシリーズの標準的モデルです。

標準的と表現したとおり、大きな特徴があるわけではありません。

ミッドソールはマグニファイニトロと同じくニトロフォームとプロフォームの組合せです。

クッション性やサポート性はマグニファイニトロとエターニティニトロの中間です。

スピードを出しやすいようなタイプでなくクッションタイプです。

初心者向けシューズではありますが、よりクッション性を求めるならマグニファイニトロ、よりサポート性を求めるならエターニティニトロがおすすめです。

ベロシティ ニトロ2 スペック・特徴

・重さ:27cm290g
・ミッドソール:ニトロフォーム+Pro Foam
・アウトソール:プーマグリップ
・ニトロシリーズの標準的なクッションシューズ

エターニティ ニトロ

プーマ公式オンラインストア

税込16,500円、安定性を求めるランナー向けのモデルです。

エターニティ ニトロには、走りを安定させる「RUNGUIDE(ランガイド)」というシステムがあり、足の位置がズレないようガイドしてくれます。

また、ミッドソールの両側に硬い素材があり、かかとも肉厚でしっかりカウンターが入っていて安定感は抜群です。

しかし、初心者かつオーバープロネーションの方向けのシューズなので、ニュートラルなプロネーションであればマグニファイニトロやベロシティニトロの方がおすすめです。

エターニティ ニトロ スペック・特徴

・重さ:27cm273g
・ミッドソール:ニトロフォーム+Pro Foam
・アウトソール:プーマグリップ
・走りを安定させる「RUNGUIDE(ランガイド)」システム搭載

エレクトリファイ ニトロ2

プーマ公式オンラインストア

税込11,000円、初心者向けの入門シューズです。

しかし、マグニファイニトロやベロシティニトロと違って機能性はあまりありません。

ミッドソールは他のニトロシリーズに比べてかなり硬めです。

Pro Foam(プロフォーム)を基本に、かかと部にはニトロフォームを搭載していますが、ニトロフォーム自体も他のニトロシリーズより硬く感じます。

価格は安いですが、コスパが良いというタイプではないので、初心者やジョグ用だとしても、個人的にはマグニファイニトロやベロシティニトロの方がおすすめです。

エレクトリファイ ニトロ2 スペック・特徴

・重さ:27cm269g
・ミッドソール:ニトロフォーム+Pro Foam
・アウトソール:プーマグリップ
・他のニトロシリーズよりミッドソールは硬め
・機能性はあまりない

まとめ

以上、プーマのランニングシューズ「ニトロシリーズ」のまとめでした。

また、他メーカーのランニングシューズについてもまとめてますので、よろしければ下記の記事も参照してください。

アディダス ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ

アシックス ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ

ミズノ ランニングシューズ徹底レビュー! スペック・特徴まとめ

ホカ ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ

ニューバランス ランニングシューズ徹底レビュー! スペック・特徴まとめ

ナイキ ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ

ランニングシューズおすすめ・人気ランキング50選

スポンサーリンク