ガーミン フォアランナー255Sレビュー!55・255・955と比較解説

ガーミンフォアランナー(GARMIN Forerunner)255Sは、2022年6月16日にフォアランナー255・フォアランナー255ミュージック・フォアランナー955とともに発売されたモデルです。

私は以前、ガーミンのフォアアスリート(現フォアランナー)シリーズで最も機能性の高い900番台のモデルであるフォアアスリート935を使っていましたが、今回は中級モデルの255Sを購入しました。

935も併用しているのですが、2世代前の最上級モデルである935よりも現在の中級モデルである255Sの方が以下の点で優れるため、255Sを愛用しています。

ガーミン フォアランナー255Sの優れる点

・軽さと小ささ
・Suica(スイカ)対応
・トラックランモード対応
・バッテリー26時間(GPS起動時)
・ランニングダイナミクス項目

これらの点において、同時に発売された255(Sではない通常の)や955、また1年前に発売された55などと比較しながら解説いたします。

ガーミン フォアランナー255S 軽さと小ささ

Sシリーズは通常タイプより一回り小さく軽いのが特徴で、女性向けとされています。

サイズは41 x 41 x 12.4 (mm)で重さは39g。

通常のフォアランナー255が45.6 x 45.6 x 12.9 (mm)で49gであることと比較すると、違いは結構大きいです。

問題はこのサイズで男性が着ける分には大丈夫か?という点です。

実際、決して腕が細くはない私がつけるとこんな感じで確かに小さめです。

しかし、今まで使っていたフォアアスリート935の大きさだと時計を見るために手首を自分側に返した時、手首に当たるような感覚が気になっていました。

その感覚がなくなったため、このサイズは快適です。

もともと時計を着けるのがあまり好きではないためですが、同様の感覚の持ち主ならSはおすすめです。

ただ、画面も少し小さいため、老眼や近眼で見づらいという方は通常タイプが良いでしょう。

ガーミン フォアランナー255S Suica対応

ガーミン フォアランナー(フォアアスリート)シリーズで初めてSuica(スイカ)対応をしたのは745で、935は上位モデルながら対応していません。(955は対応してます)

道を走っている途中で飲み物が買いたくなった時などに、やはりSuicaは便利です。

自分は基本的にトラックを走るため、それほど使うわけではないのですが、お守り代わりにSuica対応の機能が欲しいと思っていました。

エントリーモデルである55にはSuica機能がないという点が、55でなく255Sを選んだ理由の一つです。

ガーミン フォアランナー255S トラックランモード対応

トラック37周半走って、ちょうど15,000mです。

トラックで走ることの多い私にとって、1周の距離がズレがちな通常のランモードより、1周400mで換算してくれるトラックランモードはありがたい機能です。

通常のランモードがkm表示なのに対してトラックランモードはm表示です。

こちらは通常のランモードで25周走った場合ですが、300mもズレています。

手動で2周半ごとにラップをとると、このように1km以上の距離が出てしまいます。

しかし、トラックランモードであれば1周400mで計算してくれる上、1,000mでオートラップにしてもほとんどズレません。(ズレても10mです)

トラックランモードもフォアアスリート935にはなく、745に初搭載されました。

しかし、今では55にも搭載されているように、光学式心拍計と同じくらい通常の機能となりました。

ランモードとトラックランモードの切り替えは簡単です。

STARTボタンを押した後、もう一度STARTボタンを押すと「ランモード」でGPSを補足します。

STARTボタンを押した後、DOWNボタンを一度押し、もう一度STARTボタンを押すと「トラックランモード」でGPSを補足します。

また、GPSの補足は以前のモデルより早くなっていて、本当に一瞬です。

ガーミン フォアランナー255S バッテリー稼働時間

バッテリー稼働時間はGPS起動時で26時間と、かなり長持ちです。

フォアアスリート935は21時間と、発売当初はシリーズで最も長い稼働時間でしたが、いまや200番台のモデルでさえ、それを凌ぎます。

Sではない通常の255は30時間とさらに長く、下位モデルの55でも20時間と、バッテリーはかなり進化をしています。

ウルトラマラソンや泊まりの登山をするのでない限り、バッテリーに関しては55でも充分かなと私は思います。

なお、最上級モデルの955は42時間、955 デュアルパワーは49時間でソーラー充電機能があるため、より長い稼働時間を求めるのであれば、これらがおすすめです。

ガーミン フォアランナー255S ランニングダイナミクス項目

私はランニングダイナミクスポッドを使ってランニングダイナミクスデータをとっているのですが、55でなく255Sを購入した一番の理由はこれです。

55はランニングダイナミクスポッドに対応していません。

935は対応しているのですが、今回はランニングダイナミクスでとれるデータが増えました。

これらの項目のデータを見ることができます。

こちらは今までのランニングダイナミクスデータです。

フォアランナー255・955シリーズでは、「POWER」や「水分&栄養補給」などの項目が加わりました。

個人的には、従来のランニングダイナミクスデータがあれば充分だと思っていますが、より多くの項目が見られるようにはなりました。(逆に「気温」の項目はなくなっています)

[補足]型番の見方

この記事では主に255Sと55・255・935・955を比較してきましたが、型番の数字と記号が示す意味は以下の通りです。

百の位

百の位、つまり255Sであれば、2はグレードを意味します。

最も安いエントリーモデルは百の位がなく、最上位は900番台です。

十の位

十の位はヴァージョンの新しさを示します。

大きい数字の方が新しく、255の前モデルは245、55の前モデルは45です。

一の位

一の位は光学式心拍計のあり・なしを表し、5はあり、0はなしです。

しかし、30と230を最後に心拍計のないモデルは発売されていないため、現在(2022年10月現在)のモデルはすべて5となっています。

記号

一の位の後にmusicまたはSがつくモデルがあります。

musicはガーミン本体に音楽を保存できる機能があるタイプで、スマホを持たずに音楽を聴くことができます。

SはSサイズのSでサイズ感が一回り小さく軽量で、バッテリーも若干通常より短いモデルです。

なお、955にはSがなく、musicも名称につきませんが、音楽機能は標準装備しています。

まとめ

ガーミンのフォアランナーシリーズ(フォアアスリートも含む)は、初心者モデルとされる55でも高性能で、上級者でも充分に使えるモデルです。

その上で255ならSuica対応かつランニングダイナミクスポッド対応(別売)なので、それらの機能が欲しいのであれば255をおすすめします。

最上級モデルである955はバッテリーが超長時間(GPS起動で42時間)、955dual powerは49時間の上にソーラー充電もできます。

その上、タッチスクリーン機能・地図機能などもあります。

955・955dual powerはロングトレイルをやるには便利だったり、とにかく高機能を試したい人にはおすすめですが、価格を考えるとほとんどの方には55や255シリーズの方がおすすめです。

フォアランナー255Sのスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):47,800円
・稼働時間(GPS起動時):26時間
・Suica対応
・ランニングダイナミクス対応(RDポッドは別売)
・39gの軽量さ(通常の255は49g)
・Suicaやランニングダイナミクスなど55にはない機能が欲しい人向け

フォアランナー255のスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):49,800円
・稼働時間(GPS起動時):30時間
・Suica対応
・ランニングダイナミクス対応(RDポッドは別売)
・Suicaやランニングダイナミクスなど55にはない機能が欲しい人向け

フォアランナー255S musicのスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):50,800円
・稼働時間(GPS起動時):26時間
・Suica対応
・ランニングダイナミクス対応(RDポッドは別売)
・音楽保存機能あり
・39gの軽量さ(通常の255は49g)
・Suicaやランニングダイナミクスなど55にはない機能が欲しい人向け
・スマホを持たずに音楽を聴いて走りたい人向け

フォアランナー255 musicのスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):52,800円
・稼働時間(GPS起動時):30時間
・Suica対応
・ランニングダイナミクス対応(RDポッドは別売)
・音楽保存機能あり
・Suicaやランニングダイナミクスなど55にはない機能が欲しい人向け
・スマホを持たずに音楽を聴いて走りたい人向け

フォアランナー955のスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):74,800円
・稼働時間(GPS起動時):42時間
・Suica対応
・ランニングダイナミクス対応(RDポッドは別売)
・音楽保存機能あり
・タッチスクリーン対応
・地図機能搭載
・スマホを持たずに音楽を聴いたり地図を見たりしたい人向け

フォアランナー955dual powerのスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):84,800円
・稼働時間(GPS起動時):49時間
・Suica対応
・ランニングダイナミクス対応(RDポッドは別売)
・音楽保存機能あり
・タッチスクリーン対応
・地図機能搭載
・ソーラー充電対応
・スマホを持たずに音楽を聴いたり地図を見たりしたい人向け
・最上級モデルを試したい人向け

フォアアスリート55のスペック・特徴・おすすめの人

・価格(税込):32,000円
・稼働時間(GPS起動時):20時間
・Suica非対応
・ランニングダイナミクス非対応
・とりあえず走った距離がわかれば良い、ほとんどのランナーにおすすめ