ミズノ ウエーブライダー27 スペック・特徴レビュー!
スポンサーリンク

ミズノのウエーブライダー27は、2023年8月25日に発売された、ミズノのランニングシューズで最も歴史のあるフラッグシップモデルです。

価格は税込で14,850円、前作ウエーブライダー26から据え置きです。

ウエーブライダー27 重さ

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

27cmで280gです。

前作ウエーブライダー26より5gほど軽量化されました。

スポンサーリンク

ウエーブライダー27 アッパー

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

アッパーは編み目の形状はだいぶ変わりましたが、前作と同じくエアメッシュです。

最近使われることが多くなってきたエアメッシュですが、柔らかいながらもパリッとした張り感があり、エンジニアードメッシュより、しっかりホールドしてくれる感じがします。

また、前作よりやや中足部が細くなった印象があります。

左がウエーブライダー27、右が26です。

スポンサーリンク

ウエーブライダー27 ミッドソール

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

ミッドソールは前作と同じく全面的にミズノエナジーです。

また、ミッドソールの間には中足部から後足部にかけてウエーブプレートと呼ばれるプレートが入っています。

これにより安定性と反発性が向上していますが、ここについても前作からの変更はありません。

ウエーブライダー27 アウトソール

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

アウトソールはX10(エックステン)という、耐久性に優れたソールです。

ミズノではG3ソールというソールが最もグリップ性の高いソールですが、X10にはそこまでのグリップ性はありません。

グリップ性より耐久性重視のラバーです。

また、真ん中にはウエーブプレートが見えるほどの空洞があります。

ウエーブライダー27 かかと周り

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

前作からの変更点で一番大きい部分はかかと周りです。

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

ヒールカウンターは短くなり、素材もメッシュに変更になり、柔らかくなりました。

上の画像の27の文字のあたりまでしかカウンターが入っていません。

こちらは26ですが、Hの文字のあたりまでヒールカウンターが入っています。

ウエーブライダー27 走行感

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

目立った機能はないシューズですが、フィット感・ホールド感・安定感など地味な部分がかなり良いのがウエーブライダーです。

クセがなく、万人におすすめしやすいシューズなのは間違いありません。

ヒールカウンターが短く柔らかくなったことで、ホールド感が心配な方も多いと思いますが、その点は中足部のホールド感が良くなったことで補っている感じです。

きつめに紐を結んでも、ヒールカウンターが短くなったことで足に当たる部分が柔らかく感じます。

その他の点に関しては前作と変わりません。

ウエーブライダーは25から26にアップデートされた際、ミッドソールが2mm厚くなり、クッション性が高くなりました。

前足部は屈曲させづらくなり、シューズを屈曲させながら走るより、自然な体重移動で走る方が向くタイプになりました。

26と27はさほど走行感に違いはないため、購入するのであれば型落ちになった26の方が確実にお買い得です。

まとめ

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

ウエーブライダー27のスペック・特徴

・重さ:27cm280g
・ミッドソール:ミズノエナジー
・アウトソール:X10ソール
・柔らかいが柔らか過ぎないクッション性
・高いホールド性とフィット感
・万人向けシューズ(初心者はオールラウンド、中上級者はジョグ用に)

なお、その他のミズノのランニングシューズについては「ミズノ ランニングシューズ徹底レビュー! スペック・特徴まとめ」の記事でまとめてますので、よろしければ参照してください。

スポンサーリンク