飲む日焼け止め3種類の使用レビュー!その成分と効果は?

飲む日焼け止めの注目すべき成分は主に2つです。

注目成分

ニュートロックスサン
フェーンブロック(PLエキス・シェードファクター)

どちらも自然由来の成分なので副作用はないようです。

ニュートロックスサンは主に日本製に使用され、シトラスやローズマリーから作られたものです。

フラバンジェノールやリコピンとニュートロックスサンを配合することで、効果を高めると言われています。

対してフェーンブロックは海外製に多く使用され、中央アメリカに生息するシダ植物の抽出物を多く含む特許成分です。

特許成分であるため、最近では「PLエキス」や「シェードファクター」と言われる方が多いようです。

また、稀にアレルギーのある人がいるため、注意は必要です。

以下、口コミで評判の良さそうな3種類を飲用してみました。

やかないサプリ

1979年設立の健康食品や栄養補助食品を手がける日本企業「オルト株式会社」の製品です。

前述のシダ植物由来の成分も入っていますが、「セラミド」と「フィトール」という成分が入っているのがこのサプリの特徴です。

粒はちょっと大きめです。


ホワイトヴェール

こちらも日本製。株式会社ZERO PLUSの製品で、主な成分はニュートロックスサンです。

その他にもクロセチンやルテイン、ザクロエキス・メロンプラセンタ・リコピンなど、植物由来の成分を多く含みます。

1日2〜4粒が目安とのことです。粒は大きくはないですが、乾燥しているのと、草原のような香りがするのでちょっと飲みづらいのが難点です。

ヘリオケア ウルトラD

スペインのcantabria社の、世界中で販売されている製品です。

用法としては日光を浴びる30分前に1カプセル、長時間日光を浴びる場合は4時間後に1カプセルを追加服用するのが有効とのことです。

薬っぽいのと海外製なのでちょっと抵抗がありましたが、世界中で使われている製品なので問題ないとは思います。

主な成分はフェーンブロックで、ビタミン・ルテイン・リコピンなど、サプリとしても必要な成分も含みます。

その効果は?

どれを飲んでも普通に日焼けしました。

もともと飲めば日焼け止めを防ぐというものではなく、塗る日焼け止めと併用することでUV効果を高めるというものです。

また、基本的に即効性があるわけではないので、毎日飲用していれば気持ち効果があるかもくらいに思っておく程度が良いと思います。

なお、ホワイトヴェールは飲みにくいのですぐにやめましたが、やかないサプリは飲みやすい上に価格も安いので飲み続けています。

ヘリオケアはいかにも強力そうなので、ここぞという時だけ飲んでいます。

しかし、ちょっと高価なのでリピートはないかなという感じです。

まとめ

飲む日焼け止めは薬ではないため、劇的に効くものではありません。

逆にそこまで効いたら怖くて飲めません。

あくまでもサプリとして毎日飲用し、塗る日焼け止めと併用すると効果があるかもしれませんので、試してみるなら価格が安く飲みやすい「やかないサプリ」がおすすめです。

スポンサーリンク