ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 スペック・特徴レビュー!
スポンサーリンク

ミズノのウエーブリベリオンソニック2は、ウエーブリベリオンフラッシュ2と同じく2024年1月19日に発売されました。

ウエーブリベリオンシリーズには「プロ」「フラッシュ」「ソニック」があり、ソニックは一番下のモデルです。

価格は14,300円とシリーズで最も安いモデルです。

前作は発売時は13,750円でしたが、現在では14,300円になっているため、据え置きと言っていい価格です。

ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 重さ

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

27cmで240gと、前作より約20gも軽くなりました。

スポンサーリンク

ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 アッパー

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

アッパーはエアメッシュです。

前作は肉厚なモノフィラメントエアメッシュでしたが、だいぶ薄くなりました。

軽量化したのは、このアッパーの変更が大きいようです。

スポンサーリンク

ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 ミッドソール

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

ミッドソールは全面ミズノエナジーです。

前作はミズノの公式サイトにも明確に記載されていませんでしたが、上側がミズノエナジー、下側が通常のEVAの2層でした。

また、ミッドソールの間にプレート(ミズノウエーブ)が入っていますが、TPU(熱可塑性ポリウレタン)プレートです。

カーボン入りのナイロンプレートを使ったリベリオンプロ2やグラスファイバー入りのナイロンプレートを使ったリベリオンフラッシュ2と比べ、剛性はそこまで高くないため、それらと比べてシューズを屈曲させやすいです。

ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 アウトソール

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

アウトソールは前作と変わらずX10ラバーが貼られています。

デザインにも全く変更はないようです。

ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 走行感

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

足型(ラスト)はウエーブライダーと同じであるため、ウエーブライダーのサポートを弱くして軽量化したような履き心地です。

上位モデルであるウエーブリベリオンプロ2やウエーブリベリオンフラッシュ2と違ってSSA(スムーズスピードアシスト)の機能はないため、自分の感覚で走るようなシューズです。

リベリオンと名前がつきますが、上位の2モデルとは大きくスペックが異なり、大きな特徴はありません。

ただし、前作と比べると20g軽量化されたことと全面ミズノエナジーになったことから、大幅に使いやすくはなりました。

用途としてはジョグよりも速い中強度のトレーニング向けです。

ただし、このシューズの延長線上にプロ2やフラッシュ2はないため、プロ2やフラッシュ2の練習用という位置づけにはなりません。

ミズノ ウエーブリベリオンソニック2 まとめ

RUN FOR FUN!ミズノランニングシューズ

ウエーブリベリオンソニック2のスペックと特徴をまとめると、以下の通りです。

ウエーブリベリオンソニック2のスペック・特徴

・重さ:27.0cm240g
・アッパー:エアメッシュ
・ミッドソール:ミズノエナジー
・ウエーブプレート:TPUプレート
・アウトソール:X10ラバー
・ウエーブライダーのサポートを少なくして軽量化したシューズ
・中強度のトレーニング向き

なお、その他のミズノのランニングシューズについては「ミズノ ランニングシューズ徹底レビュー! スペック・特徴まとめ」の記事でまとめてますので、よろしければ参照してください。