アシックス S4 スペック・特徴レビュー!マジックスピード2との違いは?
スポンサーリンク

アシックスのS4は、サブ4の壁を突破したいというランナーに向けたレーシングシューズです。

自身もラサブ4レベルのランナーであるというアシックスの社長の思いから生まれただけあって、大きく打ち出ししているモデルです。

そのスペックの似ているマジックスピード2と比較しながらS4のスペックや特徴を説明いたします。

なお、定価は22,000円(税込)と、マジックスピード2の16,500円とだいぶ開きがあります。

S4 重さ

ASICS公式

重さは27cmで240gです。

これは公表されているマジックスピード2の重さと全く同じです。

スポンサーリンク

S4 アッパー

ASICS公式

アッパーはメタスピードスカイ+やメタスピードエッジ+と同じ、モーションラップアッパーです。

モーションラップはエンジニアードメッシュにウーヴン素材を混ぜ込んだものです。

マジックスピード2のエンジニアードメッシュと比べると、やや柔らかく伸縮性があります。

何よりメタスピード+シリーズにも使われている素材なので、通気性も良く、アシックスで今もっとも良いとされるアッパーなのでしょう。

スポンサーリンク

S4 ミッドソール

ASICS公式

ミッドソール素材は上層部にFFブラストターボ、下層にフライトフォームの2層構造で、間にカーボンプレートが入っています。

マジックスピード2は上層部にFFブラストプラス、下層にフライトフォームの2層構造にカーボンプレートだったため、上層部のミッドソールが異なります。

厚さは前足部28mm、後足部34mmで、マジックスピード2の前足部24mm、後足部31mmより3〜4mm厚くなっています。

厚い部分は下部のフライトフォームで、上部のFFブラストプラス部分はFFブラストターボに置き換えられています。

なお、この厚さはメタスピードエッジ+(前25mm-後33mm)より厚く、メタスピードスカイ+(前28-後33mm)とほぼ同等です。

S4 アウトソール

ASICS公式

アウトソールにはアシックスグリップがかなり広範囲に貼られていてグリップ性はかなり良いです。

マジックスピード2と比べても中足部のラバー面積がだいぶ広いです。

S4 走行感

ASICS公式

足当たりは柔らかいですが、接地感は柔らかくはないので安定感が高く感じられます。

このあたりはマジックスピード2でも同じ感覚があったことと、スペックからも想像できる通りです。

上位モデルのメタスピードスカイやスカイ+と比較すると反発性は低く、前足部の沈み込みは少ないです。

しかし、マジックスピード2より沈み込む感覚はあり、そのぶん反発性は高いです。

その代わりマジックスピード2ほど反発の返りが早くないとも感じます。

つまり、マジックスピード2と比べるとS4の方がストライド向きです。

アシックスのストライド型の厚底レーシングモデルならメタスピードスカイとスカイ+が挙げられますが、感覚的に近いのはスカイの方です。

スカイ+は前足部をしっかり踏み潰して反発を得るタイプですが、スカイは「踏み潰す」というより「潰す」といった感じです。

S4はスカイほどは潰せませんが、エッジ+よりはこの感覚が強いという印象です。

[補足]S4のコンセプトに対する考察

Speed / Stability / Safety / Sub4の4つの「S」を実現したモデルというのがS4のコンセプトです。

最後の「Sub4」はこじつけのような気もしますし、そもそも最初からS4はSub4の略ですと言われた方がしっくりくるほどサブ4レベルのランナーに向けたシューズです。

しかし、本当にサブ4レベル向けかと言われると、充分にオーバースペックではないかと考えます。

そもそもマジックスピード2はサブ3.5レベルのランナー向けシューズだったと思います。

それより上、かつメタスピードシリーズより下という位置づけであれば3時間15分レベルくらいが妥当です。

サブ4であれば同時期に発売されたスーパーブラストやエボライドスピードの方がよほどサブ4向けではないでしょうか。

サブ4向けのレーシングシューズが今までなかったという主旨のことをアシックスの社長が発言していましたが、実はサブ4向けのシューズはたくさんあるということです。

「サブ4向けのレーシングシューズ」であると打ち出しをしたシューズが今までになかっただけです。

この点をついたアシックスの戦略は非常にうまいと思います。

サブ4を狙うレベルのランナーの気持ちを惹きつけるキャッチコピーだと思います。

正直なところ、自分にとってはメタスピードスカイの練習用シューズという位置づけのシューズですが、サブ4達成のためのレーシングシューズとしたことで付加価値がついた感じがします。

悪い言い方をすれば、その付加価値が価格に現れています。

良いシューズなのは確かだと思います。

ただし、マジックスピード2と比べた時にそこまでの価値があるとは思えません。

「サブ4への思い」に付加価値を感じるかどうか、そこがポイントです。

まとめ

ASICS公式

S4のスペックのまとめです。

S4のスペック

・重さ:27cm 240g
・アッパー:モーションラップ
・ミッドソール:フライトフォームブラストターボ+フライトフォーム+カーボンプレート
・アウトソール:アシックスグリップ

S4の特徴や個人的感想です。

S4の特徴

・サブ4向けというにはスペックも価格も高い
・メタスピードスカイの練習用
・ピッチよりストライド向き(マジックスピード2と逆)

その他のアシックスのランニングシューズについては「アシックス ランニングシューズ徹底レビュー!スペック・特徴まとめ」の記事を参照してください。

スポンサーリンク