2019年6月1日に発売されたナイキ エアズームペガサス36は、その名の通りペガサスシリーズの36代目のモデルであり、1983年の初代モデル以降続く、ナイキのズームランニングシリーズの中でも最も長い歴史のあるモデルです。

スポンサーリンク

前作の35は私がジョグ用として最も好きなモデルとして愛用していますが、36も購入したのでその違いを中心にレポートしたいと思います。

まず、重さは26.5cmで252gと、前作よりだいぶ軽くなりました。

こちらは前作の35です。

上から比較してみます。左が35、右が36です。

大きく変わったのはアッパーでしょうか。エンジニアードエリートメッシュアッパーですが、より通気性が高く軽量になっているようです。

履き口もよりスリムになった感があります。

また、ベロの部分(シュータン)がかなり薄くなり、左右非対称となりました。外側が若干長い感じです。

軽量化という点からも良いのでしょうが、脚に当たる感覚がより良くなったと思います。

アウトソールには変更がなさそうです。左の35は履き込んでいるため汚れているだけです。

ミッドソールも変更はなさそうです。このミッドソールに使われているクシュロンSTが独特の柔らかさを生み出しています。

クシュロンSTが単独でミッドソールに使われているズームランニングシューズはペガサスだけです。(ズームストラクチャーはファイロンとクシュロンSTの2層)

また、ズームエアもフルレングスで入っており、クシュロンSTの柔らかさに反発性を加えています。(そうは言っても反発性の高いシューズではありません)

前作35もそうでしたが、私にとっては重さを感じさせないクッションの良さと全体的な柔らかさを持っていて、普段履きやジョグ用に最高のシューズだと思います。

その他のナイキのズームランニングシューズについてのレビューはこちら、ミッドソールについてのレビューはこちらの記事を参照してください。

スポンサーリンク