フューエルセル スーパーコンプトレーナーV2 スペック・特徴レビュー!
スポンサーリンク

ニューバランスのフューエルセル スーパーコンプトレーナーV2は、40mm以上の厚さを持つルールブレーカー「スーパーコンプトレーナー」の2代目モデルとしてアップデートしたモデルです。

価格は税込24,200円でトレーニング用としては高額ですが、前作からどうアップデートしたかを中心に以下、説明いたします。

スーパーコンプトレーナーV2 重さ

ニューバランス公式オンラインストア

27.5cmで約290gです。

300gを超えていた前作からは20gほど軽くなりました。

スポンサーリンク

スーパーコンプトレーナーV2 アッパー

ニューバランス公式オンラインストア

アッパーはレースニットアッパーです。

これは前作と同じで、エンジニアードメッシュとニットの組み合わせです。

すごく通気性が良いとか柔らかいというわけではありませんが、足に吸い付くようなフィット感があります。

スポンサーリンク

スーパーコンプトレーナーV2 ミッドソール

ニューバランス公式オンラインストア

ミッドソールは40mmと、47mmもあった前作よりは薄くなりました。

間にはカーボンプレートが入っており、フューエルセルのミッドソールが2層になっています。

素材はもちろんフューエルセルなのですが、硬度が少し違うように思えます。

上側の方が硬めで下側の方が柔らかめです。

通常、2層の場合は上の方が柔らかくて下の方が硬めなので珍しいケースです。

とはいえ、フューエルセルはかなり柔らかいクッションのため、上側のクッションも充分柔らかめです。

スーパーコンプトレーナーV2 アウトソール

ニューバランス公式オンラインストア

アウトソールはライトウェイトソリッドラバーで、前作からはマイナーチェンジです。

真ん中は大きく空いており、カーボンプレートが見えています。

カーボンプレートには「ENERGY ARC」(エナジーアーク)の文字が見えていますが、エナジーアークとは、かまぼこ状に入ったカーボンプレートのことを指しています。

スーパーコンプトレーナーV2 かかと周り

かかと周りは肉厚で柔らかく、しっかりホールドしてくれる感じになりました。

こちらは前作のかかと部分ですが、ユニークな形状をしています。

この角度の方がわかりやすいですが、内側に微妙な高さのクッション材がついています。

シューズを履く時にここを踏んでしまったり、この部分が当たって痛いという人もいたようなので、ここが改善されたのはプラスです。

スーパーコンプトレーナーV2 走行感

ニューバランス公式オンラインストア

前作も厚さのわりに安定感のあるタイプと評価しましたが、今作は、より安定感が高いです。

ミッドソールが前作より薄くなったからというだけでなく、やや硬く、クッション性より弾力性に寄った感があるためです。

重さは前作より軽くなったとはいえ、300g近いです。

ある程度スピードに乗ってしまえばそこまでの重さは感じませんが、ゆっくり走ると重く感じます。

前作よりもソールが薄くなったとはいえ、充分なクッション性があるため、トラックよりもロードでの練習向きです。

また、ゆっくり過ぎるペースだと重さを感じてしまうことと、逆に速すぎるペースも出しづらいことを考えると、インターバルやジョグより、ペース走レベルのスピードが向いています。

フューエルセルシリーズのエースシューズは2023年8月現在、スーパーコンプエリートV3ですが、前作よりもスーパーコンプエリートV3との親和性が高く、その練習用シューズとしての適正も高そうです。

まとめ

ニューバランス公式オンラインストア

まずは基本スペックのまとめです。

フューエルセル スーパーコンプトレーナーV2の基本スペック

重さ:27.5cm290g
アッパー:レースニット
ミッドソール:フューエルセル+カーボンプレート

その他の特徴などのまとめです。

フューエルセル スーパーコンプトレーナーV2の特徴

・速いペースで走るなら反発性・クッション性はかなり高い
・ロードでのスピード練習用がベスト
・ゆっくり走ると反発性より重さを感じてしまう

その他のフューエルセルのランニングシューズについては「ニューバランス ランニングシューズ徹底レビュー! スペック・特徴まとめ」の記事を参照してください。