デサント「GENTEN-EL」(原点エリート)徹底レビュー!

デサントと言えば、スポーツ系のアパレルブランドというイメージがありますが、2019年末にランニングシューズ業界に参戦してきました。

今回のモデルはGENTENと名付けられ、ランニングシューズに本当に必要なものはなんなのか?ということを見つめ直すという意味が込められているようです。漢字にすると「原点」ですね。

そんなGENTENシリーズとして発売されたのは3種類のモデルです。

一つ目はGENTEN-EL。ELはエリートの略で、カーボンプレート搭載の最上級モデルです。

二つ目はGENTEN-RC。RCはレースの略で、フィット感の良さを最も売りにした、サブスリーランナー向けのレーシングモデルです。

三つ目はGENTEN-ST。STはスピードトレーニングの略で、その名の通りスピードトレーニング用のモデルです。

その中で私が購入したGENTEN-ELについて、主にナイキの厚底ヴェイパーフライネクスト%と比較しながらレビューいたします。

GENTEN-EL 重さ

意外に重量はあります。もちろんかなり軽量ではあるのですが、エリートモデルとなると150g程度かと思ってました。

ナイキのヴェイパーフライ ネクスト%が同じ26.5cmで186gです。


GENTEN-EL アッパー・履き口

アッパーに限りませんが、かなりシンプルなデザインです。

可もなく不可もないといった具合で、通気性もまずまずでしょうか。

履き口は少し広めに見えます。

ネクスト%と比較するとわかりやすいでしょうか?

GENTENはフィット感をウリにしていますが、履き口が広いこともあって、私にはあまりフィット感は感じられませんでした。

ネクスト%は細身な上にかかと部分が尖り気味です。この点は他のナイキにも共通していますが、GENTENはかかとの部分が丸みを帯びています。

意図的に幅はやや広めかつ、かかと部分も丸めに作っていると思われますが、これは日本人の足に合わせているようです。

ナイキはそもそも細身が故に日本人に合わない場合が多いようですが、ナイキが合わない人に合う可能性は高そうです。

この作りはアシックスにも似ていると思います。

私はナイキが合っているためか、この作りはゆったり目に感じました。

GENTEN-EL ミッドソール

薄底です。ミッドソールはナイキのファイロンに似た、軽量かつ反発性のありそうな素材に思えます。(ファイロンについては「ナイキミッドソール徹底レビュー!」の記事を参照してください)

また、中足部から後足部が真っ平らといった感じです。

底の薄さはヴェイパーフライネクスト%と比較してみるとよくわかるかと思います。

ネクスト%の半分くらいしかありません。

また、ネクスト%はミッドソール真ん中のラインの部分にカーボンプレートが入っておりますが、GENTEN-ELはミッドソールの下のアウトソールとの間に入っています。

GENTEN-EL アウトソール

軽量かつグリップ力の強いグラフェンソールを採用しています。(黒い部分です)

拡大するとこんな感じですが、このシューズで最も良い部分はここだと私は思います。

感覚としてはデュオソール(※下の画像参照)を敷き詰めている感じで、デュオソールより耐久性も高くグリップ感も良いように思います。

デュオソール
(ナイキ ズームスピードレーサー6)

グリップがあまり強くはないネクスト%より明らかに優っているポイントです。

そしてこの部分がカーボンプレートです。

透明でガラスみたいに見え、非常に硬いです。

アウトソールとミッドソールの間に入っています。

GENTEN-EL レビュー

GENTENは3モデルともフィット感の良さを追求しています。

しかし、足を通した感じではフィット感はむしろあまり良くないという印象です。

サイズは26.5cmを選びました。15種類以上は所有しているナイキは全て26.5cmですが、デサントはそれより1cmくらい大きく感じます。なので25.5cmで良かったかなというところです。

ぴったりサイズであればまた違ったかもしれませんが、やはり履き口部分がナイキより大きめなところが私には気になったところです。

次に実際に走ってみた感想です。

まずはロードをジョグしてみた感じですが、これは想像通り硬さを感じます。

ミッドソールのクッションは少なめで、代わりにカーボンの硬さをダイレクトに感じます。

ジョグでさえ、「コン・コン・コーン」とイタリア製の革靴で走るかのような音が出ているように思えます。(実際にそこまで大きな音が出るわけでなく、例えです。)

アウトソールはフラットかつ、つま先とかかとのドロップも少なく、硬くてほぼ曲がらないので、ミッドフットで着地する走りが向いていると思います。

距離的には5km〜10kmくらいがベストで、長くてもハーフくらいでしょうか。

フルを走るにはクッションがなさ過ぎるため、相当の走力があるか相当体重が軽いかでないと難しいでしょう。

また、ロードよりトラックの方が向いていると思います。

GENTEN-ELのプレートの硬さはトラックの柔らかさとかなりマッチします。

使用シーンや使いこなせるランナーはヴェイパーフライネクスト%より圧倒的に少ないとは思いますが、カーボン入りのシューズとしては価格も安いので、薄底好きなエリートランナーには購入してほしいシューズです。

まとめ

GENTEN-ELについて、私が感じた特徴や感想のまとめです。

GENTEN-ELの特徴

・スピードは出せるがクッションは少な過ぎ
・フィット感を売りにしているがフィット感はよくない
・ミッドフット走法向き

その他、カーボンプレート入りシューズについては「カーボンプレート入りランニングシューズ徹底比較!」の記事で、ナイキのズームランニングシューズに関しては現行モデルの全てのレビューを「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!」の記事でまとめてますのでよろしければ参照してください。

スポンサーリンク