10kmと10,000mそれぞれにある「公認記録」その違いとは?

10kmと10000m。同じ意味だと思っている人は多いと思いますが、実は違います。

以下、3つの点で異なります。

10kmと10,000mの違い

・トラックかロードかの違い
・距離の違い
・計時基準の違い

順に解説します。

トラックかロードかの違い

世界陸上やオリンピックで見る種目は10,000mであって10kmではありません。

市民ランナーが出るレースはほとんどの場合が10kmです。

その基本的な違いはトラックかロードかという点です。

5,000mと5kmでも同じことが言えます。


距離の違い

10,000mと10kmでは距離は同じかというと、厳密には違います。

公認コースの場合、許容される誤差が決められています。(公認記録についての詳細は「マラソン公認記録とは?公認レースと公認コースの違いについて」の記事を参照してください)

トラックの場合、10,000分の1しか誤差が許容されないのに対し、ロードでは1,000分の1です。

つまり、10,000mや10kmに関して言うとトラックでは1m、ロードでは10mです。ちなみにフルマラソンに関して言えば42.195mです。

さらに許されるのはプラスの場合だけで、マイナスは認められません。

トラックの場合であれば、認められる誤差は少ないものの、そうは狂わないでしょう。

しかし、ロードの場合はワンウェイの折り返しでもない限り、なかなか難しいのはお分かりでしょうか?

カーブをどう曲がるかで距離の計測はばらつきが出てしまいます。

万が一にも距離が短く計算されてしまうのを防ぐため、距離短小防止ファクターとして、1,001mを1,000mとするというルールがあります。

つまり、公認大会の10kmのレースであれば、最短距離を走ったとしても最低でも10.01km(10,010m)はあるということになります。

逆にぴったり10kmの距離だとすると、それは公認コースとはならないわけです。

なお、公認ではないコースの10kmは、より10,000mの距離と乖離が生じるのは当然のことです。

計時基準の違い

秒までしか計時しないロードに対して、100分の1秒まで計時するのがトラックです。

参考までに2019年5月末時点での世界記録は10,000mがケネニサ・ベケレの26分17秒53で、10kmがレオナルド・パトリック・コモンの26分44秒です。

日本記録は10,000mが27分29秒69(村山紘太)で、10kmが28分5秒(佐藤敦之)です。

フルマラソンも秒までしか計時されないのはロード種目だからで、仮にトラックで行われるのであれば42,195mの距離となり、100分の1秒まで計時されることとなるわけです。

まとめ

ロードはトラックに比べると凹凸があったりするので一般的には10,000mより記録は出ません。

また、市民ランナーには10kmの方が一般的ですが、トップランナーには10,000mの方が一般的です。

世界記録も日本記録も10,000mと10kmの記録に大きな差があるのは、以上の2つの理由が大きいと言えます。

単に記録を狙うという点から言えば、市民ランナーも10,000mのレースに出てみると良いのではないかなと私は思います。

スポンサーリンク