アシックス ゲルカヤノ28レビュー!前作との違いは?

ゲルカヤノはアシックスで最もロングセラーの初心者向けランニングシューズのシリーズです。

前作のゲルカヤノ27や、同じく初心者向けに最近人気のノヴァブラスト2などと比較してスペックや特徴を説明いたします。

ゲルカヤノ28 重さ

ASICS公式

27cmで310gと前作のゲルカヤノ27とほぼ同じです。


ゲルカヤノ28 アッパー

ASICS公式

アッパーはエンジニアードジャガードメッシュです。

アッパーに関しては前作から変更はありましたが、大きな変更ではありません。

ゲルカヤノ28 ミッドソール

ASICS公式

前作から大きく変わったのはミッドソールで、上層部にはフライトフォームプロペルに代わってフライトフォームブラストが採用されました。(下層部はフライトフォームのままです)

ASICS公式

フライトフォームブラストは、ノヴァブラストやダイナブラストなど、わりと用途の近いシューズや、マジックスピードなどのスピード練習向けのシューズに使われている反発性の強いミッドソールです。

前作のゲルカヤノ27のミッドソールはフライトフォームとフライトフォームプロペルを使っていました。

これらはフライトフォームブラストより反発性は低いものの軽量で安定性は高いです。

ミッドソールの厚さは前作から変わりなさそうなので、フライトフォームブラストにすることで重量は増えたかと思いきや、その他の点で軽量化されたため、ほぼ同じ重量が実現できたと思われます。

また、かかと部のミッドソールの中間にはゲルが搭載されていますが、形状は前作から変化があります。

ゲルの量も減った感じはしますが、フライトフォームブラストが使われているせいかクッション感が落ちたようには思いません。

ゲルカヤノ28 アウトソール

ASICS公式

前作は前足部と後足部を分断するようにトラスティック(プレート)がありましたが、今回は内蔵されました。

ASICS公式

このトラスティックは速く走るためのものではなく、ねじれ防止のためのものです。

内蔵されることで屈曲性は上がりますが、ねじれ防止の安定性という意味では前作の方が上ではないかと思います。

また、屈曲性の向上は、アウトソールの溝が多くなったことにも起因しています。

ゲルカヤノ28 ヒールカウンター

ASICS公式

ゲルカヤノというと、しっかりしたヒールカウンターというイメージもありますが、ここが前作より軽量化された感があります。

外付だったヒールカウンターが内蔵されました。

ASICS公式

ミッドソールにフライトフォームブラストを使いながら重さが変わらないのは、主にヒールカウンターの軽量化のおかげだと思われます。

とはいえ、今作でも十分なホールド感はあります。

ゲルカヤノ28 走行感

ASICS公式

ゲルカヤノシリーズは前作までは安定性重視のためか硬さのあるシューズでしたが、ゲルカヤノ28は全体的に柔らかくなりました。

柔らかくなった一番の要因はミッドソールのフライトフォームブラストによるものです。

通常、ランニングシューズは柔らかくなると履き心地は良くクッション性も良く感じられるものの、安定感に欠けてしまいます。

しかし、ゲルカヤノ28はシリーズに共通する安定感は残しつつ柔らかくなった感があります。

ゲルカヤノと言えば、オーバープロネーションを防止するダイナミックデュオマックスという機能があります。

ASICS公式

これは足首が過度に内側に倒れ込まないようにするため、内側を意図的に硬くしているものです。

この機能は変わらず搭載されているため、内側は硬くなっています。

しかし、全体的に柔らかさを感じられます。

スピードも前作より出しやすくなりました。

しかし、フライトフォームブラストの弾む感覚はあまりありません。

弾むようにもう少し速く走りたいというのであればノヴァブラスト2やダイナブラスト2の方がおすすめです。

ノヴァブラスト2やダイナブラスト2もフライトフォームブラストをミッドソールに持っていますが、これらのモデルのフライトフォームブラストは反発性の向上に使われ、ゲルカヤノ28のフライトフォームブラストは柔らかさに使われている感じです。

また、公式サイトにはライド感があるような記載が見られますが、これはほとんど感じません。

自然と前に進むようなライド感が欲しいなら、グライドライド2やエボライド2の方がおすすめです。

まとめ

ゲルカヤノ28の基本スペックのまとめです。

ゲルカヤノ28の基本スペック

・重さ:27cm 310g
・ミッドソール:フライトフォームブラスト+フライトフォーム
・ダイナミックデュオマックス搭載(オーバープロネーション防止)

ゲルカヤノ28の特徴のまとめです。

ゲルカヤノ28の特徴

・前作より柔らかい足当たり
・サポート性は以前と変わらず高い
・反発感とライド感はあまりない

初心者用に人気のあるノヴァブラスト2と比較すると、伝統的なサポート性とクッション性ならゲルカヤノ28、クッション性もありながら反発性も求めるならノヴァブラスト2といったターゲット分けが妥当です。

ゲルカヤノ28は、しっかりしたヒールカウンターのホールド感やオーバープロネーション防止機能などのサポート性の高さを求める初心者ランナーにおすすめです。

もう少しサポート性から離れてスピード感や反発性が欲しい人にはノヴァブラスト2がおすすめです。

なお、その他のアシックスのランニングシューズについては「アシックス ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ」の記事でまとめてますので、よろしければ参照してください。

スポンサーリンク