ライバルフライと同じく2019年に新たに発売されたズームランニングシューズです。

スポンサーリンク

ライバルフライはスピードライバルの後継モデルとして発売されましたが、ズームグラビティは完全な新作で、定価が1万円を切る(税抜きで9,000円)というナイキにしては廉価なシューズです。

重さ

ズームグラビティ
26.5cm 212g

これだけの厚底にしてこの価格ならもっと重いものと思っていましたが、驚きの軽さでした。

レーシングシューズとして位置づけされるズームエリートやズームライバルフライと同程度です。

スポンサーリンク

アッパー

最近流行りのトランスルーセントです。

シュータンはアッパーから完全に独立している感じで一体感はありません。

厚底なのに軽量だと前述しましたが、アッパーの生地は徹底的に薄いです。

特にかかと部分の薄さは他のどのシューズをも凌ぐ薄さで、ちょっと安定性や耐久性に不安があります。

かかと部分のみ拡大するとこんな感じです。

スポンサーリンク

ミッドソール

かなりの厚底です。

ライバルフライ2(右)と比べてみます。

写真ではわかりにくいですが、ズームグラビティの方が少し厚みがあります。

ヴェイパーフライ ネクスト%と比較してみます。

シューズの性能にはかなりの差がありますが、底の厚さは同程度です。

また、ミッドソールの素材はファイロンです。最新のミッドソール「ズームX」を搭載するネクスト%とは反対に、ファイロンは昔から存在する伝統的なミッドソールです。

ただ、ファイロンは今の時代にも使われているように、非常に優秀なクッションです。

反発性に関してはズームXを凌ぐと私は思っています。

実際に、ズームスピードレーサーやズームストリークなどの薄底レース用シューズに使われているのもファイロンです。

ところがズームグラビティは、ナイキのズームランニングシューズで唯一の厚底ファイロンです。

スポンサーリンク

アウトソール

土でも芝生でもアスファルトでもといった様々な路面に対応することを想定しているそうです。

これがいいのかどうかはよくわかりませんが、まあ前足部のグリップはナイキのズームランニングシューズの中でもトップクラスで、濡れた路面でも滑りません。

スポンサーリンク

ズームグラビティ レビュー

このシューズで最も気になるのは足首周りのフィット感の悪さです。

かかと部分はとんがる感じになっていますが、ここがホールドせずにシューズの中でかかとが浮いてしまう感じがします。

紐をきつめに締めてもフィット感のなさは変わりませんでした。

また、実際に走った際のクッションや反発ですが、ファイロンだけにクッションより反発の方が強そうです。

厚底なので柔らかいクッションを期待していると期待ハズレかもしれませんが、厚さ故にクッションがあるという感じです。

シューズの特性を考えると、ジョグ用として向いているわけでもなく、スピード練習用としても使いにくい微妙な感じです。

高校生の部活での練習用を想定して作られたようですが、そのコンセプトはよくわかりました。

私の用途としてはほとんど普段履きです。

その他のナイキのズームランニングシューズについてのレビューはこちら、ミッドソールについてのレビューはこちらの記事を参照してください。

スポンサーリンク