ペガサスターボ2の前作はもちろんペガサスターボですが、ペガサスターボはペガサス35をベースにしたモデルです。

スポンサーリンク

そのため、シューズ箱を見るとペガサス35ターボと記載されており、実はこちらが正式名称のようです。しかし、面倒なのでここではペガサスターボと表記します。

ペガサスターボ2が発売される前にペガサス36が発売されましたが、今回はペガサス36ターボではなくペガサスターボ2でした。

ペガサスターボ2はペガサス36をベースにしたモデルと思われますが、今後はペガサスとは独立した独自のモデルチェンジをしていく可能性もあります。

しかし、ベースにしたとは書きましたが、そもそもペガサスとペガサスターボはスペックは大きく異なり、シルエットも決して似ているわけでもありません。

ペガサスとペガサスターボの違いについては、詳しくはこちらの記事で書いていますので、よろしければ参照してください。今回はペガサスターボとペガサスターボ2の違いについてレビューしていきたいと思います。

重さの違い

ズーム ペガサスターボ2
26.5cm 209g

26.5cmで209gです。

こちらは前作のペガサスターボですが、同じ26.5cmで12gほど軽くなりました。

スポンサーリンク

アッパーの違い

前作は通気性の悪さが指摘されるようなアッパーでした。生地も厚めで真ん中には帯のようなラインがありました。(写真右)

この帯の部分は通気性ゼロなので、これがなくなっただけでも通気性は良くなっていると思います。

ターボ2のアッパーは、同時発売されたネクスト%やズームフライ3に搭載されたヴェイパーウィーヴほどの薄さはありませんが、前作よりは薄くなっているようです。

前作は包み込んでくれるような柔らかさがあり、寒い日の長距離練習には良いシューズでしたが、夏場やレースではその通気性の悪さがネックでした。

ターボ2のアッパーは、改良されたとは言ってもヴェイパーウィーヴやフライニットに比べると通気性が悪いのはもちろんですが、ペガサス36のエンジニアードエリートメッシュアッパーと比べても通気性はなさそうです。

スポンサーリンク

足首周りの違い

最も変わった部分はここではないでしょうか?足首周りの生地が明らかに薄くなりました。

ペガサスターボの足首周りは、ビギナー向けシューズのズームストラクチャーのように厚手でしたが、ターボ2では極端に薄くなりました。

かかと部分のとんがり感もなくなり、よりフィットするようなタイプになりました。かかとは反対から見たほうがわかりやすいでしょうか?

前作のターボのかかとの尖りが合わない(かかとが当たって痛い)人もいたようなので、前作が合わなかった人もターボ2は合うかもしれません。

スポンサーリンク

シュータンの違い

ここも大きく変わっています。ごく普通の厚手のシュータンだった前作と違い、ターボ2は極端に薄くなっています。

また、伸縮性があるため、少しきつめに紐を結んでも足の甲が痛くなりません。

スポンサーリンク

サイズ感の違い

同じ26.5cmですが、ターボ2はひと回り小さくなった感がこう見てもあります。

ただ、この写真はかかとのとんがり感の違いによる目の錯覚のようなところもあり、私は同じサイズでちょうど良い感じです。

前述したように足首周りの生地が薄くなり、シュータンが薄く伸縮性のある生地になったため、ぴったり足にフィットするようにはなりましたが、サイズは上げない方がいいと思います。

スポンサーリンク

ミッドソールとアウトソール

ミッドソールは前作と同じくズームXフォームで、他のミッドソールに比べて圧倒的なクッション性の高さを感じます。

厚さも同じで変更はなさそうです。耐久性も800kmあると言われた前作と同じようです。

アウトソールも全く変更はありません。上から見るとサイズ感が違うように見えますが、下から見ると全く一緒です。

スポンサーリンク

ペガサスターボ2レビュー

ミッドソールとアウトソールの変更がないだけあって、クッションと反発の感じは前作と同じようです。

ミッドソールに使われているズームXフォームは、2019年7月現在、ヴェイパーフライシリーズとペガサスターボシリーズにしか使われていないナイキ最上級のクッションです。

履き心地は柔らかく、クッション性の高さを感じますが、反発は言うほどなさそうです。

ズームXはその高いエネルギーリターン率というのが特徴とのことですが、ヴェイパーフライシリーズで感じる独特の跳ねは、ズームXだけでなくカーボンファイバープレートがあってこそのものなんだと思います。

プレートの入っていないペガサスターボシリーズは柔らかさしかないため、ヴェイパーフライシリーズで感じるような跳ねる感覚は残念ながらありません。

ターボ2はターボと比べてもさらに柔らかさを向上させています。インソールやアッパー、シュータンの感覚も柔らかく、そして軽量になったため、とにかく柔らかいという印象です。

人によってはズームフライ3よりターボ2の方がレース向きだと言う人もいますが、私はそうは思いません。

確かにズームフライ3より軽量ではありますが、やはりターボ2は練習用のシューズです。

柔らかく衝撃吸収には長けていますが、反発力はズームフライ3に劣ります。

また、ターボ2は練習用とは書きましたが、スピード練習には向いていません。理由は何度も言うように反発力が足りないからです。

最も向いているのはロードでの長距離のペース走ではないでしょうか?前作のターボは通気性が悪かったため、距離走の後半になるとシューズが重くなってくる感じがありましたが、ターボ2はその部分も解消されたため、より向いていると言えるでしょう。

その他のナイキのズームランニングシューズについてのレビューはこちら、ミッドソールについてのレビューはこちらの記事を参照してください。

スポンサーリンク