スパイク「ナイキ ズーム400」レビュー!

ナイキのスパイク「ズーム400」はその名の通り400m向けに作られた短距離用のスパイクです。

100mからフルマラソンまでの距離を走る私が、400mだけでなく100m・200mや800mにも使ってみた感想を、商品スペックとともに説明いたします。

ズーム400 重さ

重さは26.5cmでわずか123gです。

スパイクの中でもかなり軽い部類と言えます。

後に発売された短距離用のスーパーフライエリート2が151gあることを考えると、かなり軽量です。


ズーム400 アッパー

合成繊維を編み込んで作られたフライウィーブというアッパーが採用されています。

これだけ軽量なモデルなので、さぞや薄いアッパーなのかと思いきや、思ったよりは厚みがあります。

むしろ最近の軽量なランニングシューズのアッパーより厚みがあるくらいです。

また、耐久性も心配なさそうなタイプです。

ズーム400 ミッドソール

短距離用スパイクにはミッドソールがない場合が多いですが、ズーム400には薄いミッドソールがあります。

ミッドソール素材はファイロンで、これはランニングシューズにもよく使われている素材です。

ズーム400 アウトソール

わりとフラットな形状で、短距離用らしい硬さはあります。

短距離用スパイクは、前足部が反り上がる形状になっていたりするものもありますが、400m用であるためか、そういう仕様は見られません。

また、硬さはあるものの100m・200m用スパイクと比べると柔らかめです。

ピンは片足7箇所つけるところがあり、ニードルピンがついています。(予備はついていません)

最近はニードルピンが主流になりましたが、平行ピンより抜けが良い気がします。

ズーム400 サイズ感

長さは普通ですが幅はナイキらしく狭めです。

しかし、他のナイキのスパイクと比べて狭めということはなく、むしろ100m・200m用のスーパーフライエリート2と比べると余裕はある感じです。

ズーム400 レビュー

他の短距離用スパイクに比べると、接地感は柔らかめです。

その分、100mや200mに使うには反発性が物足りなく感じるかもしれません。

軽いのでピッチは回しやすいですが、反発が足りない分、ストライドが出ない印象があります。

このあたりはランニングシューズ「アルファフライ」と履き比べて200mの全力疾走で数値検証をしましたので、詳細は「スパイク履くと厚底より速く走れる?数値検証してみた結果は!?」の記事を参照してください。

やはり使用するには400mがベストだと思いますが、200mより800mの方が対応出来そうです。

まとめ

ズーム400の特徴を3つ挙げるとこんな感じです。

ズーム400の特徴

・超軽量(26.5cm123g)
・短距離用としては柔らかめ
・適性使用距離は400〜800m

なお、より短距離向けのモデルとして、アルファフライと同じアトムニットが搭載されたスーパーフライエリート2というモデルが発売され、話題になりました。

こちらについては「ナイキ スーパーフライエリート2」レビュー!の記事で詳細を書いてますので、よろしければ参照してください。

また、ナイキのランニングシューズについては「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!」の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク