ナイキ エアズームウィンフロー7レビュー!

ナイキエアズームウィンフロー7はナイキのズームシリーズの中でも最もマイナーと言ってもいいシューズです。

正直言って私もこのレビューを書くために購入したようなものですが、意外と気に入りました。

レースやスピード練習に使えるような代物ではありませんが、クセがなくクッション性も良いので、ジョグや普段履きには良いと思います。

定価は税抜きで10,000円ですが、人気がないためかセールされていることも多いので、これからランニングを始めたい初心者やジョグ用シューズを探している中上級者におすすめです。

エアズームウィンフロー 7 重さ

26.5cmで263gと重量はありますが、重さだけで言えばエアズームペガサス37と同じです。


エアズームウィンフロー 7 アッパー

アッパーはエンジニアードメッシュです。

デザイン的にはズームストリーク7と似ていますが、ウィンフロー7のアッパーの方がしっかり目に作られています。

通気性は悪くはありません。

エアズームウィンフロー 7 ミッドソール

ミッドソールはクシュロンです。

厚みは結構あります。

なんとなくズームグラビティくらいかと思っていましたが、ウィンフローの方が若干厚そうです。

ズームグラビティ2(右)と比べるとこんな感じです。

また、ズームエアは前足部と後足部に入っています。

エアズームウィンフロー 7 アウトソール

一面フラットで全面ラバーです。

結構グリップが効き、濡れた路面も問題なしです。

こういうタイプのアウトソールはナイキのズームシリーズには他にありませんが、かなり安定感があって良いと思います。

ナイキのズームランニングシューズの中では、ズームストラクチャー22がちょっと似た感じではありますが、ウィンフロー 7の方が安定感がありそうです。

ラバーは安定感がある代わりに重いのかもしれませんが、ジョグや普段履きに使うだけならむしろ歓迎です。

エアズームウィンフロー 7 使用レビュー

とにかくクセがないシューズです。

サイズ感的には普通ですが、ナイキ的にはやや幅広と言えるかもしれません。

かかと部の厚みはヴェイパーフライネクスト%並みにある上にクシュロンフォームの柔らかさもあってクッションは良いです。

かかと部にもズームエアは入っていますが、反発感はあまりないです。

同様に前足部にもズームエアが入っていますが、こちらもクッション性の方が高く感じます。

用途としてはジョグか普段履きで、スピードを上げて走るためには全く向いていません。

まとめ

まずは基本スペックのまとめです。

エアズームウィンフロー 7の基本スペック

重さ:26.5cm 263g
アッパー:エンジニアードメッシュ
ミッドソール:クシュロン
ズームエア:前足部+後足部

その他の特徴や個人的感想です。

エアズームウィンフロー 7の特徴

・クッションや安定感は抜群でジョグや普段履きにおすすめ
・スピードは出しづらい
・コスパは良い

スポンサーリンク