C3fit ペーパーファイバーソックスレビュー!穴があかない?

ランニング用のソックスは薄いが故に破けてしまうことがよくありませんでしょうか?

私は以前に使っていたランニングソックスがすぐに破れてしまっていたため、年間に何足も同じソックスを買っていました。

しかし、C3fitのペーパーファイバーソックスに変えてから全く破けないため、同じ悩みを持つランナーには超おすすめです。

ペーパーファイバーソックスレビュー

ペーパーファイバーソックスは、その名称の通り、紙の繊維でできています。

紙って逆に破けやすいんじゃないの?って思われるかもしれませんが、紙の繊維であって紙そのものではないので大丈夫です。

大丈夫というよりむしろ丈夫です。それは実際に触ってみれば明らかにわかります。

履いてみると、ややざらっとした感じがあります。

母指球のあたりの色が少し違う部分がわかるでしょうか?

この部分が滑り止めのような効果があるようです。また、その部分以外も非常に滑りにくく、走っている最中も靴下がずれることが全くありません。

また、これはアンクル丈ですが、ショート丈というのも販売しています。

これは好みだと思いますが、ショート丈だとかかとがシューズに当たると思いますので、個人的にはアンクル丈がおすすめです。

サイズはS(22-24)・M(24-26)・L(26-28)・XL(28-30)と4種類あり、ユニセックスです。

24cmや26cmちょうどの場合は被っていますが、小さい方を選ぶ方がおすすめです。

半年以上、走る際はいつもこのソックスを使っていますが、全く破れるどころか生地が薄くなる感じもありません。


ソックスの重要性

普通のソックスにはないランニング用ソックスの機能性としては、アーチのサポート・通気性の良さ・滑り止めがあるなどがあるかと思います。

この3点において、私にとってはC3fitのペーパーファイバーソックスが今まで使用した中で一番良く思えました。

また、フルマラソンでマメができてしまう人は多いと思います。

しかし、それはソックスを変えるだけでマメができなくなることがありますし、私もペーパーファイバーソックスにしてからマメができなくなりました。

大半のランナーは勝負シューズを持っていると思いますが、勝負ソックスを持っている人はそこまでいないのではないかと思います。

もしくは勝負ソックスと思っていたものが実は自分に合ってなかったということも考えられます。

シューズは自分に合うかどうかをいろいろ試しますが、ソックスはそこまでいろいろ試さないからです。

マメがよくできるランナーはシューズだけでなくソックスもいろいろ試してみることを私は自分の経験談からおすすめいたします。

まとめ

私は友人からすすめられたペーパーファイバーソックスを試してみたことでマメの改善につながった上、1年使っても全く破けないため、買い替える必要もなくなりました。

価格は1足1,500円以上の高額品です。

しかし、これだけ破けないということを考えると、むしろコスパはかなり高いのではないでしょうか?

スポンサーリンク