月例マラソンのすすめ〜よこはま月例マラソン〜

毎月第3日曜日に行われます。会場は新横浜駅から徒歩10分。鶴見川沿いのランニングコースを走ります。

最寄り駅は新横浜。まずは北口を出ます。

この階段またはエスカレーターを登ります。

突き当たりを右(横浜アリーナ方面)に進みます。

地上に降りてからも、横浜アリーナを目指して行きます。ここを右に真っ直ぐ行くと横浜アリーナです。

横浜アリーナを左に行きます。

すぐにトイレがありますが、月例会場からの最寄りのトイレです。

トイレのすぐ先の横浜デジタルアーツ専門学校に突き当たったら、右折して

すぐのT字路を左折すると会場にたどり着きます。

初回受付は1,500円。これにはゼッケン&バーコード代(500円)も入っており、次回以降も使い回します。実質レースの参加費は1,000円です。

バーコードはゴール直後に係員にスキャンしてもらいます。これですぐに結果がわかるという仕組みです。

初めての参加の際は登録に時間がかかるため、名前なしで貼り出されますが、2回目以降は名前も表示されます。

レースは1・3・5・10・20kmがあり、20kmは6〜9月はお休みですが、当日の気温次第では10kmもよく中止になります。(夏場はむしろ中止の方が多いです)

スタート&ゴールはどのレースも一緒ですが、折り返しのポイントが、選んだ距離によって変わってきます。(20kmは10kmコースを2往復で2回目は折り返しポイントが若干異なります)

そしてこのレースの最大の特徴は、時間が被らなければ何レースでも出られるということです。

基本のスタート時間は1kmが①8:40・②8:50・③9:00、5kmが9:15、20kmが9:45、10kmが9:50、3kmが10:00です。(気温などにより、よく変更はあります)

フルに出たいなら、1km→5km→20km(または10km or 3km)というように走ることができます。

1kmはゼッケン番号により、3組に分かれていますが、そのへんの区分けは緩いので、1レース目に区分けされたゼッケンでも3レース目に出たりはできます。

この大会は何レースでも出られるというのが最大の特徴で、そのためか参加者も非常に多く、レースというより練習代わりに出られる人が多いようです。

また、雨でも中止にならず、私は台風の日に参加したこともあります。

毎月第2日曜日に開催される多摩川月例ロードレース大会や、第4日曜日に開催される赤羽月例マラソンも気軽に参加できるのでおすすめです。

スポンサーリンク