ナイキズームストリークLT4レビュー!ナイキ最軽量シューズ

ナイキのズームストリークLT4は、ナイキのズームランニングシューズの中で最軽量を誇るレーシングシューズです。

LTとはLIGHTの略で、軽量のズームストリークをさらに軽量にしたモデルです。

ズームストリークLT4 重さ

ズームストリークLT4
26.5cm 140g

26.5cmで重さはわずか140gです。

ズームストリーク6
26.5cm 178g

こちらはズームストリーク6です。

パッと見た感じ、かなり似ていますが、重さは26.5cmで38gも違います。

ズームストリークとズームストリークLTは別々にモデルチェンジしており、ズームストリークにはこの後ズームストリーク7が発売されますが、LTは4のままでした。

以下、ズームストリーク6と比較しながらズームストリークLT4のスペックを解説します。


ズームストリークLT4 アッパー

左がズームストリーク6、右がズームストリークLT4です。

どちらもエンジニアードメッシュアッパーで編み目の穴が大きいのが特徴です。

通気性はかなり良いです。

むしろ通気性は良過ぎるため、気温の低い日にはとても履けません。

また、穴が大きく薄いが故に、耐久性が低いです。

実際、アウトソールが擦り減ったりミッドソールが潰れたりする前にアッパーに穴が開いて寿命を迎えたりします。

ズームストリークLT4 ミッドソール

ミッドソールは極薄です。

ズームストリークLT4の素材はクシュロンLTを使用しており、ファイロンを使用しているズームストリークより軽いです。

また、ズームエアはズームストリーク6と同じく後足部に入っています。

ズームストリークLT4 アウトソール

左がズームストリーク6、右がズームストリークLT4です。

上から見た感じは似ていましたが、下から見た感じは全くの別物です。

グリップが弱いズームストリーク6に比べてズームストリークLT4はグリップが強いです。

ズームストリークLT4 サイズ感

明らかに一回り小さいと思えるサイズ感です。

ナイキのランニングシューズは全て26.5cmを履いていますが、このシューズだけはかなりキツく感じます。

軽くするためにわざと小さくしているのでは?と疑ってしまうほどです。

ズームストリークLT4 使用レビュー

クッション性はかなり少なく、ダイレクトに路面を感じます。

ロードで使うにはクッション性が低すぎるため、短い距離のレースや体重の軽い人でないと難しいでしょう。

また、アッパーも薄過ぎるため、私が履く場合は夏場のトラック練習に限ります。

冬場に履いたら指先の感覚がなくなるほど冷えてしまいました。

私の場合は末端冷え性であるために余計にそうなるのかもしれませんが、それにしても通気性が良すぎます。

夏場に履く場合も、トラックの熱さを足裏で感じるほどのソールの薄さです。

そのため、あまり気温の高い日の使用は逆効果とも言えます。

また、私はトラックのレースにもよく出場しますが、その際にはスピードレーサー6を使用しており、このシューズはらあくまで練習用です。

重量はズームストリークLT4の方が軽いのですが、クッション性だけでなく反発性も低く思えるためです。

ミッドソールのクシュロンLTは軽いのが最大のメリットですが、反発性においてはスピードレーサーに使われるファイロンの方が良いのではないかと私は思います。

また、グリップの良いシューズではあるのですが、その点においてもスピードレーサーの方が良いと思えるからです。

このシューズを使いこなせる人はかなり限られるのではないでしょうか?

ちなみに設楽悠太選手は初めての東京マラソンを、この前作ズームストリークLT3で走っていました。

まとめ

まずは基本スペックのまとめです。

ズームストリークLT4の基本スペック

重さ:26.5cm 140g
アッパー:エンジニアードメッシュ
ミッドソール:クシュロンLT
ズームエア:後足部

その他の特徴や個人的感想です。

ズームストリークLT4の特徴

・アッパーの通気性が良すぎる
・クッション性も反発性も少ない
・使用用途や使用できる人はかなり限られる

その他のナイキのズームランニングシューズについてのレビューは「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新」の記事を、ミッドソールについてのレビューは「ナイキミッドソール徹底レビュー〜ファイロンからズームXまで〜」の記事を参照してください。

スポンサーリンク