ズームペガサス36トレイルレビュー!通常版ペガサス36とどう違う?

ズームペガサス36トレイル
26.5cm 262g

通常版36に続いてトレイル版が発売されたナイキズームペガサス。6月13日に発売されながら、品切れが続きなかなか購入できませんでした。

どこのサイトを見ても2週間ほど品切れが続いていましたが、これは大人気であるというより、どの程度売れるかわからなかったナイキ側が生産数を絞っていたためと思われます。

そもそもナイキ好きでランニングシューズは全てナイキという私でさえ、トレランシューズは別メーカーしか持っていませんでしたが、どんなもんか知りたいので早速買ってみました。

まずは重さですが、26.5cmで262gとトレランシューズとしてはかなり軽量です。通常版ペガサス36が252gなので、なんと10gしか変わりません。

上から見るとこんな感じです。デザインもペガサス36を継承しているだけあってシュッとしています。この構図が一番カッコ良く見えます。普通のランニングシューズにしか見えません。

アッパーも普通のランニングシューズ並みに薄めなので、転倒時にはやや不安があります。

汚れも目立ちそうな色ですし、撥水性もなさそうですが、通気性は良さそうです。

ナイキの公式サイトでも通気性の良さを売りにしていましたが、そもそもトレランシューズで通気性って重要?という気もしますね。

ペガサス36と並べてみます。デザイン的に36の方がアッパーの全体的な感じが好きですが、36トレイルはシュータンに書かれた文字が良いです。

また、36トレイルもトレランシューズとしては通気性が良いのでしょうが、さすがに36ほどではなさそうです。

ヒールのとんがり感も一緒で、硬さもほとんど変わりません。トレイルシューズならもう少し硬いのかと思っていました。

アウトソールはこんな感じです。デザインはやはりペガサス36に似ています。

これも36と比べるとデザインは似ていますが、さすがにここはトレイルの方が溝が大きくて深くて硬く、滑りにくい仕様になっています。

横から見るとこんな感じです。内側と外側でデザインが違います。内側のデザインは山のイメージなんでしょうか?外側はお馴染みのスウッシュマークです。

36と比べるとミッドソールの厚みは同じくらいで、履いた感触も遜色ないクッション性があります。

トレランシューズなので硬めの感触を想像していましたが、驚きの柔らかさでした。

となると逆に心配なのは石を踏んだりした時の感触ですが、これは意外と大丈夫でした。トレランシューズだけにプレートが入っているものと思われます。

以上のことをまとめると、ペガサス36トレイルはアウトソールに関してはトレランシューズとしてしっかりしており、不整地でも走れるモデルですが、アッパーやミッドソールはランニングシューズと同等と言えます。

そのため、用途としてはぬかるみのあるトレイルや初心者が使うには不向きですが、上級者がトレイルレース用に使用するか、乾いた浅いトレイルに使用するのには向いているのではないかと思います。

通常版のペガサス36についてはこちらで書いてますのでよろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク