ヴェイパーフライは雨に弱い?4%とネクスト%で比較すると?

ヴェイパーフライ4%フライニットが雨に弱いということは世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ選手も指摘していました。

その点を改良することでヴェイパーフライネクスト%が生まれました。

奇しくも2019年のフルマラソンでは雨の中でヴェイパーフライ4%フライニットとヴェイパーフライネクスト%を使ったので、それぞれどう違ったのかレビューしたいと思います。

ヴェイパーフライ4%フライニット

対象レースは東京マラソン2019です。

朝から降り続く雨で気温も5℃前後と非常に低く、寒いレースとなりました。

アッパーは通気性の良いフライニットですが、撥水性はほとんどなく、水分をよく吸収してしまう感じがします。

序盤からかなりの雨を吸ってしまい、アッパーから冷たさを感じました。

このシューズに限りませんが、通気性の良いシューズほど水分の吸収性も高いように思います。

フライニットが主流になる前はエンジニアードメッシュが一般的でしたが、エンジニアードメッシュよりフライニットは通気性が良いぶん、吸収性も増したように思います。

雨を吸収することでシューズの重量が増しますが、それによってシューズが脱げそうになる感覚がありました。

実際に脱げることはないのですが、ヒールが浅くホールド感が少ないため、ちょっと踵が浮いてしまう感じがしました。

また、もう一つの問題点はアウトソールです。

ヴェイパーフライ4%のアウトソールはフラットでグリップがよくありません。

普通にまっすぐ走るぶんには雨でも滑ることはありません。

しかし、折り返し地点などの急カーブでは不安定です。

品川の折り返し地点ではトップ選手がヴェイパーフライで滑っているシーンをテレビでも見ました。

以上のことを考えると、ヴェイパーフライ4%は雨のレースには向かないと言えます。

ヴェイパーフライ4%フライニットについて、より詳しくは「ナイキ ヴェイパーフライ4%フライニット徹底レビュー」の記事を参照してください。


ヴェイパーフライネクスト%

対象レースはつくばマラソンです。

こちらは東京の時と違って気温は高かったものの、前日からかなりの雨量で水溜まりが多く、路面状況はむしろ東京よりよくありませんでした。

ヴェイパーフライネクスト%はアッパーにヴェイパーヴィーヴという撥水性の高い素材を使用しています。

とはいえ、防水というわけではないため、シューズの中に水は入ってきます。

ただ、アッパーからはあまり入ってこず、足首周りから入ってくる確率が多かったように思います。

実際、走り終えてシューズの中はびちゃびちゃになりましたが、足の甲の部分はそこまで濡れませんでした。

真冬であれば、足の甲が濡れてしまうと末端冷え症の私には厳しいので、この差は大きいのです。

また、アウトソールも改善されたためか滑ることはありませんでした。

それほどグリップの良いシューズではありませんが、前足部の溝のおかげで雨でも滑らないような仕様になりました。

以上のことを考えると、雨のレースでは圧倒的に4%よりネクスト%の方が良いと言えます。

ヴェイパーフライネクスト%について、より詳しくは「ナイキヴェイパーフライネクスト%徹底レビュー」の記事を参照してください。

[補足]雨で最強なシューズは?

ヴェイパーフライネクスト%は雨にも強いシューズですが、当然ながらその最大のパフォーマンスを発揮できるのは雨の降っていない乾いた路面です。

では、雨で最大限のパフォーマンスを発揮できるシューズをご紹介します。

それはペガサスターボシールドウォータープルーフです。

通常、このタイプのシューズは防水に特化しているため重量がありますが、このシューズは26.5cmで243gと、普通のランニングシューズ並みの重さです。

さらにミッドソールはペガサスターボと同じくズームXです。

ミドルカットのため足首周りは若干気になりますが、クッション性や反発性はペガサスターボと同じです。

通気性が悪いのは仕方ないところですが、防水性に関しては完璧です。

これらを踏まえると、雨の強い真冬のレースであればヴェイパーフライより向いていると言えます。

雨の日の移動用シューズとしてもかなり使えるので、1足持っていると重宝します。

このシューズについて、より詳しくは「ナイキズームペガサスターボシールドウォータープルーフ レビュー」の記事を参照してください。

まとめ

ヴェイパーフライ4%は雨に非常に弱いシューズでしたが、ネクスト%になって大きく改善されました。

ヴェイパーウィーヴの雨耐性についての実験は「ナイキの新アッパー「ヴェイパーウィーヴ」は水を通さない?」の記事で詳細を書いていますので、興味ある方はお読みください。

スポンサーリンク