[2021年版]ランニングシューズおすすめ10選[薄底レース用]

ランニングシューズの薄底レース用モデルのおすすめ10選を独断と偏見で選びました。

なお、同シリーズの代違いはどちらか一方をランキングの対象としています。(例:ペガサス37か38はどちらか一方のみ対象とするなど)

また、ウェブで買おうとした時にそこまで苦労して探さないでも買えるくらい出回っているモデルを対象としています。(例:ヴェイパーフライ4%は除外とするなど)

ランキングは独断と偏見ではありますが、自分の好みだけでなく、一般的におすすめかどうかという視点も含めて決めています。

それでは10位から発表いたします。

第10位:ナイキ エアズームストリークLT4

ナイキのエアズームストリークLT4はナイキ最軽量のシューズです。

クッション性はかなり少なく、ダイレクトに路面を感じます。

ロードで使うにはクッション性が低すぎるため、短い距離のレースや体重の軽い人でないと難しいでしょう。

私はほぼトラック練習で足裏を鍛えるためだけに使用しています。

ナイキのエアズームストリークLT4について、より詳しくは「ナイキズームストリークLT4徹底レビュー!ナイキ最軽量シューズ」の記事を参照してください。


第9位:デサント GENTEN-EL

GENTEN-ELはデサントが出したカーボンプレート入りのエリートモデルです。

カーボンプレートの硬さをダイレクトに感じられるため、トラックの柔らかさには合いますが、ロードで履くには難しいシューズです。

塩尻和也選手はこのシューズでニューイヤー駅伝を区間賞で走っていましたが、一般のランナーが履きこなすのは難しいでしょう。

デサント GENTEN-ELについて、より詳しくは「デサント「GENTEN-EL」(ゲンテンエリート)徹底レビュー!」の記事を参照してください。

第8位:ナイキ エアズームストリーク7

ナイキ エアズームストリーク7は薄底というほど薄くはありませんが、少なくとも厚底の多いナイキの中では薄底と言っていいシューズです。

このタイプのシューズには珍しいですが、フォアフット走法よりヒールストライク走法の方が向いていると思われるシューズです。

ナイキ エアズームストリーク7について、より詳しくは「ナイキズームストリーク7徹底レビュー!前作6との違いは?」の記事を参照してください。

第7位:ニューバランス ハンゾーR V3

ニューバランス ハンゾーR V3はハンゾーシリーズの中では最上級のWに次ぐ薄底モデルです。

V2のミッドソールはREVLITE (レブライト)でしたが、V3になってより反発性・クッション性の高いREVLITE (レブライト)Xになりました。

そのため、以前のモデルでクッション性が低すぎると思っていた人にも使いやすくなったと思います。

ニューバランス ハンゾーR V3について、より詳しくは「ニューバランス ハンゾー シリーズ スペック・特徴まとめ」の記事を参照してください。

第6位:アシックス ソーティーマジックLT2

ソーティーマジックLT2は軽さが代名詞のソーティーマジックの中でもより軽さを重視したモデルで、LTはLightの略です。

クッション性も少なく反発性もそれほどないので、体重が軽いピッチ走法のランナー向けです。

アシックス ソーティーマジックLT2について、より詳しくは「アシックス ランニングシューズ レーシングシリーズ4部作特徴まとめ」の記事を参照してください。

第5位:アシックス ソーティーマジックRP5

ソーティーマジックRP5はソーティーマジックシリーズの中でも反発性を重視したモデルです。

RPはrepulsion(リパルジョン)の略で反発性を意味します。

高剛性トラスティック材PEBAXを中足部から前足部に配置しシューズを屈曲させないことで、シューズに反発性を持たせています。

さらにつま先部分のアウトソールには、ASICS GRIP(アシックスグリップ)と言われる高グリップ素材が使われています。

これらのことから、反発を使ってしっかり地面を蹴って走りたいエリートランナー向けシューズと言えます。

アシックス ソーティーマジックRP5について、より詳しくは「アシックス ランニングシューズ レーシングシリーズ4部作特徴まとめ」の記事を参照してください。

第4位:アディダス アディゼロ タクミセン7

アディゼロ タクミセン7は薄底シューズの中でも根強い人気を誇るシリーズです。

Boost(ブースト)は前足部のあたりしか入っていないため、フォアフット着地が求められます。

アディダス アディゼロ タクミセン7について、より詳しくは「アディダス アディゼロシリーズ7モデル特徴まとめ」の記事を参照してください。

第3位:ニューバランス ハンゾーW

ハンゾーWはハンゾーSに代わるハンゾーシリーズの最上級モデルです。

ハンゾーRのV3と同じくREVLITE X(レブライトX)のミッドソールとDYNARIDE(ダイナライド)というグリップの良いアウトソールを搭載しています。

走り方としては、ミッドフットで着地し、ソールをしっかり屈曲させて前足部でグリップを効かせて地面を蹴るような感じがシューズの特性を生かせます。

ニューバランス ハンゾーWについて、より詳しくは「ニューバランス ハンゾー シリーズ スペック・特徴まとめ」の記事を参照してください。

第2位:リーボック フロートライドランファスト プロ

リーボックの「フロートライドランファスト プロ」はかなり無名ですが、わずか100gという軽さが魅力のシューズです。

これだけ軽いとクッション性が心配ですが、思ったよりあるのが特徴です。

その代わり反発性はありません。

そのため、軽さを生かしてピッチを上げたいランナーにおすすめのシューズです。

このシューズは定価が税抜き25,000円もするのですが、人気がなかったからか今はかなり安く買えるというのもおすすめのポイントです。

リーボック フロートライドランファスト プロについて、より詳しくは「驚異の100gシューズ!フロートライドランファストプロ レビュー!」の記事を参照してください。

第1位:ニューバランス フューエルセル5280

ニューバランスのフューエルセル5280はリーボックのフロートライドランファストプロに次ぐ超軽量モデルです。

重さは27cmで140gほどで、カーボンプレート入りシューズとしては最軽量です。

1マイルのような短い距離での高速レースを想定した、ハイレベルのランナーがハイスピードで走ることに特化したシューズです。

スパイクのようにロードを走れるというコンセプトから作られただけあって非常に軽くグリップが良いです。

世界選手権の女子1,500m金メダリストのジェニー・シンプソン選手や1,500m・3,000mの現日本記録保持者(2021年4月現在)の田中希実選手がこのシューズを履いていることで知られています。

なお、彼女らのような世界レベルの選手でもフルマラソンに使うのは難しく、1,500mくらいのトラックレースがおすすめです。

走力のあるランナーでないと履きこなすのは難しいかもしれませんが、反発性も高くスピードを出すにはおすすめなので1位とさせていただきました。

ニューバランス フューエルセル5280について、より詳しくは「フューエルセル5280徹底レビュー!スペック・特徴・履き心地まとめ」の記事を参照してください。

まとめ

以上、薄底シューズのおすすめでしたが、フルマラソンには厚底を使うランナーもトラックレースや短い距離のレース、または練習には薄底も使うのがおすすめです。

厚底に頼るばかりでは脚力が衰えてしまうので、たまにはこういった薄底シューズも履くことをおすすめします。

なお、厚底のおすすめシューズやトレーニング用・ジョグ用のおすすめについては以下の記事でまとめてますのでよろしければご覧ください。

[2021年版]ランニングシューズおすすめ10選[厚底レース用]

[2021年版]ランニングシューズおすすめ10選[トレーニング用]

[2021年版]ランニングシューズおすすめ10選[コスパ系練習用]

[2021年版]ランニングシューズおすすめ10選[初心者用・ジョグ用]

スポンサーリンク