ペガサス35とペガサスターボ そのシューズの性能の違いは?

ナイキのズームランニングシューズの中で最も歴史の長いズームペガサスシリーズに、新たにペガサスターボシリーズが加わりました。

35代目という歴史あるペガサスと、初代ペガサスターボについてレビューをいたします。

なお、ペガサスターボの正式名称はペガサス35ターボですが、ここでは一般的に言われるペガサスターボと表記いたします。

ズームペガサス35

26.5cmで292gと、結構重量があります。

私はジョグや普段履きで最も使用するお気に入りのシューズです。

最大の特徴はそのクッション性です。

ミッドソールには、柔らかく弾みのあるクシュロンSTを搭載しています。

そのため、重さを感じさせないクッションがあり、それでいて反発力もあります。

反発力は前足部から後足部にフルレングスで入っているズームエアが生み出しています。

足を入れた際の感触ですが、インソールのつま先部分(シューズの中の前側)が柔らかさを感じて特に良いです。

歩いていても指の付け根部分が気持ち良かったりするので普段履きにもおすすめです。

また、インソールもやや湾曲しているのか足裏にフィットする感覚があります。

土踏まずのあたりを押し上げてくれる感じがあります。

用途としてはジョグや普段履きが一番おすすめですが、長距離のペース走にも向いています。


ズームペガサスターボ

26.5cmで221gです。

正直、なぜこの名称なのかがよくわからないくらいズームペガサスとは異なるシューズです。

上から見た感じも

裏から見た感じもだいぶ違います。(それぞれ左がペガサス、右がペガサスターボ)

ヴェイパーフライ4%のミッドソールに使われているズームXを使用しているのがこのシューズの売りです。

ズームXはクッション性も反発性も高く、軽量という理想的なミッドソール素材です。

ヴェイパーフライはさらに反発性を増すため、カーボンファイバープレートを内蔵しています。

ペガサスターボはヴェイパーフライからカーボンファイバープレートを抜いたシューズです。

そのため、ヴェイパーフライほどの反発性はありませんが、ズームXの反発性とクッション性がよくわかるシューズです。

ただ、どちらかと言うとクッションの良さの方を強く感じます。

また、シューズの耐久性は800kmという触れ込みです。

通常600kmと言われる平均的なシューズの耐久性より長いのはズームXの耐久性が高いからと思われます。

スピード練習用として使う人も多いですが、私はちょっと重く感じます。

長距離のペース走の方が向いていると思います。

ただし、通気性は良くないので、気温の高い時期にはおすすめできません。

つま先部分にある帯のラインは通気性が全くありません。

練習用というコンセプトシューズですが、練習用と言うにはちょっと高いかなとも思います。(定価19,440円)

まとめ

それぞれの基本スペックのまとめです。

ズームペガサス35の基本スペック

重さ:26.5cm 292g
ミッドソール:クシュロンST
ズームエア:フルレングス

ズームペガサスターボの基本スペック

重さ:26.5cm 221g
ミッドソール:ズームX+カーボンファイバープレート
ズームエア:なし

見た目やスペック自体は大きく異なりますが、履き心地や用途には以下の共通点があります。

ペガサスとペガサスターボの共通点

・クッションとインソールが柔らかく履き心地が良い
・ジョグやロング走向き

その他のナイキのズームランニングシューズについてのレビューは「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新」の記事を、ミッドソールについてのレビューは「ナイキミッドソール徹底レビュー〜ファイロンからズームXまで〜」の記事を参照してください。

スポンサーリンク