スピード練習用おすすめベスト3(ロード)「ナイキランニングシューズ編」

ナイキのランニングシューズの中で、ロードでのスピード練習用に相応しいと私が思うベスト3をご紹介します。

私は40代男性でフォアからミッドフット気味着地のサブ3ランナーです。中級者から上級者の方に参考になるかと思います。

なお、ランキング内には同シリーズは1種類のみ(例えばペガサス36.37はどちらか、ヴェイパーフライ4%かネクスト%はどちらか)とします。

また、シューズの重量は公式のものではなく、私が自分のシューズを計測したものです。

それでは早速ですが、3位からご紹介します。

第3位:ズームペガサス37

ジョグ用に最適だった前作の36と比べ、正直使いどころが難しくなったシューズです。

スピード練習に最適とは言いませんが、アルファフライやズームテンポをレース用にするのであれば、このシューズをスピード練習用にするのが良いと思います。

※ズームペガサス37については「ナイキズームペガサス37徹底レビュー!」の記事で詳しく書いています。


第2位:ズームフライ3

26.5cmで256gと、スピード練習用には重量級の重さです。

しかし、それを感じさせないほどの反発性があります。

その反発性を生み出しているのはカーボンプレートで、プレートを挟み込むリアクトフォームがクッション性とカーボンの耐久性を生み出しています。

反発を上手く使う走りができる人にはおすすめですが、足を置く走りをする人には重いだけのシューズになってしまう可能性もあります。

※ズームフライ3については「ナイキズームフライ3レビュー」の記事で詳しく書いています。

第1位:ズームテンポネクスト%

ズームフライ3と同じく重量はありますが、それを感じさせないほどの反発力のあるシューズです。

反発力はズームフライ3以上です。

トレーニング用の1位にしましたが、レース用にも充分使えるシューズです。

※エアズームテンポネクスト%については「ナイキ エアズームテンポネクスト%使用レビュー!」の記事で詳しく書いています。

その他ランキング

なお、他のカテゴリーでのおすすめベスト3は別記事でまとめています。よろしければ以下のリンクからご覧ください。

  • レース用シューズベスト3はこちら
  • ジョグ用シューズベスト3はこちら
  • ロング走用シューズベスト3はこちら
  • スピード練習トラック用ベスト3はこちら

また、それぞれのシューズについてのレビューは「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新」の記事でまとめてますので、こちらもよろしければご覧ください。

スポンサーリンク