レース用おすすめベスト3「ナイキランニングシューズ編」

ナイキのランニングシューズの中で、レース用に相応しいと私が思うベスト3をご紹介します。

私は40代男性でフォアからミッドフット気味着地のサブ3ランナーです。中級者から上級者の方に参考になるかと思います。

なお、ランキング内には同シリーズは1種類のみ(例えばペガサス36.37はどちらか、ヴェイパーフライ4%かネクスト%はどちらか)とします。

また、シューズの重量は公式のものではなく、私が自分のシューズを計測したものです。

それでは早速ですが、3位からご紹介します。

第3位:ズームスピードレーサー6

重さは26.5cmで178gという軽量で薄底のシューズです。

厚底「ヴェイパーフライ」が発売されるまではあらゆる距離でこのシューズを勝負用に使用していました。

このシューズの良い点は反発力とグリップの良さですが、欠点はクッション性が少ない点です。

そのため、フルのレース用としてはあまりおすすめできません。

今後、公認大会のトラックレースには厚底制限ができるようなので、そうなると再びトラックではこのシューズが勝負用になりそうです。

※ズームスピードレーサー6については「ナイキズームスピードレーサー6 レビュー」の記事で詳しく書いています。


第2位:ヴェイパーフライ ネクスト%

ヴェイパーフライは4%フライニットかネクスト%か迷いましたが、ネクスト%をとりました。

履き心地としてはネクスト%より4%フライニットの方が好みなのですが、一応フルマラソンのタイムはネクスト%で走った時が上回ったのでこちらを上位にしました。

また、履き手を選ぶ4%フライニットより選ばないネクスト%の方が万人におすすめしやすいという意味もあります。

※ヴェイパーフライネクスト%に関しては「ナイキヴェイパーフライネクスト%徹底レビュー」の記事で詳しく書いています。

第1位:アルファフライ ネクスト%

同一シリーズのランキングはなしと最初に定義を書きましたが、ヴェイパーフライとアルファフライは別シリーズという認識でこちらを1位としました。

前足部についたズームエアポッドが特徴ですが、すごい反発性を生み出しています。

また、増量したズームXがより高いクッション性も生み出しています。

しかし、クッション性がヴェイパーフライより増したことによって、かかとから着地してしまうと前へ進む推進力は削がれてしまいます。

ヴェイパーフライネクスト%はかかと着地でも速く走れるようた大衆的なシューズでしたが、アルファフライは履くランナーを選ぶエリート向けシューズです。

しかし、フォアフットで走れるようなスピードランナーであれば確実に記録を後押ししてくれるシューズと言えます。

※アルファフライネクスト%については「ナイキ エアズームアルファフライネクスト%徹底レビュー」の記事で詳しく書いています。

その他ランキング

なお、他のカテゴリーでのおすすめベスト3は別記事でまとめています。よろしければ以下のリンクからご覧ください。

  • ジョグ用シューズベスト3はこちら
  • ロング走用シューズベスト3はこちら
  • スピード練習トラック用ベスト3はこちら
  • スピード練習ロード用ベスト3はこちら

また、それぞれのシューズについてのレビューは「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新」の記事でまとめてますので、こちらもよろしければご覧ください。

スポンサーリンク