[ナイキ]2021年版ロング走練習用シューズおすすめベスト3

ナイキのランニングシューズの中で、ロング走の練習用に相応しいと私が思うベスト3をご紹介します。

私は40代男性でフォアからミッドフット気味着地のサブ3ランナーです。中級者から上級者の方に参考になるかと思います。

なお、ランキング内には同シリーズは1種類のみ(例えばペガサス37.38はどちらか、ヴェイパーフライネクスト%、ネクスト%2はどちらか)とします。

また、シューズの重量は公式のものではなく、私が自分のシューズを計測したものです。

また、2020年までは以下の順位でした。

2020年のベスト3

1位:ペガサスターボ2
2位:使い古したヴェイパーフライ4%
3位:ペガサス36

今でもこの分野でペガサスターボ2に勝るシューズはないと思ってますが、ペガサスターボ2は廃盤となってしまったためランキングを更新しました。

また、使い古したヴェイパーフライ4%もペガサスターボ2と似たようなタイプでしたが、こちらもすでに廃盤となっているため、ランク外としました。

それでは早速ですが、3位からご紹介します。

第3位:ズームペガサス38

ジョグ用シューズとしては1位ですが、ロング走にも向いています。

速いペースではやりにくいですが、長時間走っても疲れにくいシューズです。

※エアズームペガサス38については「ナイキ エアズームペガサス38徹底レビュー!」の記事で詳しく書いています。


第2位:ズームライバルフライ2

ライバルフライ2は機能性がそれほど高いシューズではありませんが、そこそこのソールの厚さとクッションがありながら軽量なためロング走に向いています。

※ライバルフライ2に関しては「ナイキ ズームライバルフライ2徹底レビュー!」の記事で詳しく書いています。

第1位:ズームテンポ ネクスト%

スピード練習用ではトラック版・ロード版ともに1位としたシューズですが、ロング走にも向いています。

ただし、重さがあるため、このカテゴリーにおいてかつての1位ペガサスターボには及びません。

重さを感じないように、上手くエアポッドに乗って跳ねるように進むのがおすすめです。

※エアズームテンポネクスト%については「ナイキ エアズームテンポネクスト%使用レビュー!」の記事で詳しく書いています。

その他ランキング

なお、他のカテゴリーでのおすすめベスト3は別記事でまとめています。よろしければ以下のリンクからご覧ください。

  • レース用シューズベスト3はこちら
  • ジョグ用シューズベスト3はこちら
  • スピード練習トラック用ベスト3はこちら
  • スピード練習ロード用ベスト3はこちら

また、他のブランドも含めた初心者用からトレーニング用、レース用などのおすすめランニングシューズ50選もまとめてますので、よろしければ以下のリンクからご覧ください。

ランニングシューズおすすめ50選[2021年版 初心者用〜レース用まで]