[ナイキ]2021年版ジョグ用シューズおすすめベスト3

ナイキのランニングシューズの中で、ジョグ用に相応しいと私が思うベスト3をご紹介します。

私は40代男性でフォアからミッドフット気味着地のサブ3ランナーです。中級者から上級者の方に参考になるかと思います。

なお、ランキング内には同シリーズは1種類のみ(例えばペガサス37.38はどちらか、ヴェイパーフライネクスト%、ネクスト%2はどちらか)とします。

また、シューズの重量は公式のものではなく、私が自分のシューズを計測したものです。

また、2020年までは以下の順位でした。

2020年のベスト3

1位:ズームペガサス36
2位:ズームボメロ14
3位:リアクトインフィニティラン フライニット

いずれも旧モデルとなってしまったため、ベスト3を更新しました。

それでは早速ですが、3位からご紹介します。

第3位:リアクトインフィニティラン フライニット2

26.5cmで274gと重量は結構あります。

ミッドソールはリアクトなので、もっとグニャッと沈み込むかと思いましたが、そうではありませんでした。

クッションはありながらもしっかり反発性もあり、ロッキングチェアのような構造もあって自然と前に進む力を与えてくれるようなシューズです。

初代リアクトインフィニティも良いシューズでしたが、履き口周りのフィット感が格段に良くなったので、2の方がおすすめです。

※リアクトインフィニティラン フライニット2については「ナイキ リアクトインフィニティラン フライニット2 徹底レビュー!」の記事で詳しく書いています。


第2位:ズームXインヴィンシブルラン フライニット

全面に使われたズームXの柔らかさを最も感じられるモデルです。

怪我ゼロを目指すというコンセプトはリアクトインフィニティと同じですが、硬さもあるリアクトと違って柔らかさのみのシューズです。

どちらが好みかは分かれるところだと思いますが、柔らかいクッションが好みの方にはかなりおすすめです。

※ズームXインヴィンシブルラン フライニットについては「ナイキ ズームXインヴィンシブルラン フライニット 徹底レビュー!」の記事で詳しく書いています。

第1位:エアズームペガサス38

ペガサスは36もかつての1位でしたが、37ではオーバースペックとなり、ジョグ向きとは言いづらくなってしまいました。

しかし38となって足当たりの柔らかさが36に近くなり、37よりスピードは出しづらくなったもののジョグには最高のシューズとして戻ってきた感じがあります。

※エアズームペガサス38については「ナイキ エアズームペガサス38徹底レビュー!」の記事で詳しく書いています。

その他ランキング

なお、他のカテゴリーでのおすすめベスト3は別記事でまとめています。よろしければ以下のリンクからご覧ください。

  • レース用シューズベスト3はこちら
  • ロング走用シューズベスト3はこちら
  • スピード練習トラック用ベスト3はこちら
  • スピード練習ロード用ベスト3はこちら

また、他のブランドも含めた初心者用からトレーニング用、レース用などのおすすめランニングシューズ50選もまとめてますので、よろしければ以下のリンクからご覧ください。

ランニングシューズおすすめ50選[2021年版 初心者用〜レース用まで]

スポンサーリンク