ジョグ用おすすめベスト3「ナイキランニングシューズ編」

ナイキのランニングシューズの中で、ジョグ用に相応しいと私が思うベスト3をご紹介します。

私は40代男性でフォアからミッドフット気味着地のサブ3ランナーです。中級者から上級者の方に参考になるかと思います。

なお、ランキング内には同シリーズは1種類のみ(例えばペガサス36.37はどちらか、ヴェイパーフライ4%かネクスト%はどちらか)とします。

また、シューズの重量は公式のものではなく、私が自分のシューズを計測したものです。

それでは早速ですが、3位からご紹介します。

第3位:リアクトインフィニティラン フライニット

唯一のズームラン二ングシューズ外からのランクインです。

リアクトインフィニティランフライニットはリアクトラン二ングシューズシリーズの3代目になりますが、2代目までのリアクトシリーズより格段に良くなりました。

2代目までは沈みこむような独特のクッション性がありましたが、リアクトインフィニティにはそれがありません。

しかし、充分なクッション性と包みこみの柔らかさ、適度な反発性もあってジョグ用にはぴったりです。

※リアクトインフィニティラン フライニットについては「ナイキ リアクトインフィニティ ラン 徹底レビュー」の記事で詳しく書いています。


第2位:ズームボメロ14

26.5cmで265gと重量は結構ありますが、履いてみると意外に軽量感があります。

ズームエアはフルレングスで搭載されていますが、反発性はさほどありません。

ミッドソール素材はリアクトフォームで、クッション性は高いです。

見た目も良いので1位のシューズと同じく普段履きにも多用しています。

※ズームボメロ14については「ナイキズームボメロ14徹底レビュー」の記事で詳しく書いています。

第1位:ズームペガサス36

37が発売されましたが、36はそれを上回る文句なしのジョグ用No.1シューズです。

重量は252gですがそれより軽く感じます。

通気性の良いアッパー、柔らかく気持ちの良いインソール、そしてペガサス独特の柔らかさと反発力を生み出しているミッドソールのクシュロンSTフォーム、その全てがジョグ用シューズとして完璧なほどです。

パステル調のカラーリングもカッコ良く、ズームボメロ14と並んで普段履きにも多用しています。

※ズームペガサス36については「ナイキ ズームペガサス36徹底レビュー」の記事で詳しく書いています。

その他ランキング

なお、他のカテゴリーでのおすすめベスト3は別記事でまとめています。よろしければ以下のリンクからご覧ください。

  • レース用シューズベスト3はこちら
  • ロング走用シューズベスト3はこちら
  • スピード練習トラック用ベスト3はこちら
  • スピード練習ロード用ベスト3はこちら

また、それぞれのシューズについてのレビューは「ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新」の記事でまとめてますので、こちらもよろしければご覧ください。

スポンサーリンク