「武蔵五日市」裏山ベース拠点に登る御岳山トレランコース

武蔵五日市駅周辺はトレランコース・ロードコースともに魅力たっぷりのコースです。

ロードのロングコースとしても使えるルートがありますが、ここで紹介するのはトレランコースです。

トレランコースとしても色んなルートを設定できますので、何度来ても飽きのこないのが特徴です。

ランステとしても使える「東京裏山ベース」

ここで提唱する「裏山ファイブ」なる5つのピークを巡るルートもありますが、よりトレラン・トレーニング感のある御岳山までの往復コースをおすすめします。

裏山ベースには400円で荷物預けも可能です。土日祝日は7時半から、平日は11時から営業してますが、空いてない時には駅のコインロッカー(400円)に荷物を預けます。

まずはハセツネのゴール地点でもある五日市会館方面へ。裏山ベースを背にして秋川街道を左に進み、西武信用金庫を右折します。

そしてここを左折します。

ここを左に入るとトレイルの始まりです。

行きは金比羅山に向かわず、ここの分岐を右に行き、日の出山を目指します。

気持ちの良い林道が続きます。このへんは人もほとんどいません。

日の出園地にはトイレがあります。山頂まではもう少し。

日の出山山頂はケーブルカーで近くまで登れるので、土日は結構混雑しています。

日の出山から御岳山までは3kmくらい。登りも意外と少ないので、割と早く着きます。


御岳山はケーブルカーでも行けるので、トイレや売店などもあります。所要時間はスタートここまで約3時間ほど。

売店を抜けて武蔵御嶽神社まで着いたら折り返し。茶屋もあるので補給もできますし、ペットボトルも購入できます。

帰りは日の出山には寄らず、行きでは寄らなかった金比羅山を目指します。

普通の公園のようなところに山頂標識があります。


低山ですが、意外と眺めがいいです。

ここの分岐まで戻ってきたら、あとは来た道を戻るだけです。(行きはこの分岐を右に行き、帰りは左から降りてきます)

帰りは裏山ベースでシャワーを浴びて(600円)帰ります。

スポンサーリンク