イネオス1:59のフルマラソン「サブ2」がもたらしたものとは?

少し前の話ですが、日本が最強台風19号の襲撃を受けた2019年10月12日(土)、イネオス1:59チャレンジ(INEOS1:59Challenge)というイベントにて、人類初のフルマラソン2時間切りが達成されました。

レースは公認記録の要件を満たしていないため公式記録とはなりませんでしたが、この結果は主に以下3つのものをもたらしました。

イネオス1:59チャレンジの結果がもたらしたもの

人類はいずれ公式記録でサブ2を達成するという確信
ナイキ1強時代の到来
国際陸連による厚底規制

人類はフルマラソンで2時間を切ることは不可能だというのは、一昔前までは主流の意見でした。

しかし、このイベントで非公式ながらもサブ2が達成されたことで、そう遠くない将来に公式記録としてサブ2が達成される日が来ることが予感できました。

また、すでにアディダスを抜きトップメーカーとして君臨していたナイキですが、完全なる1強時代を告げるほど衝撃の宣伝効果をこのイベントで見ることができました。

そしてその圧倒的すぎるナイキの厚底シューズの力は、後に国際陸連による厚底規制に至ります。

では、これらにつながることになったイネオス1:59チャレンジについて、その詳細を今さらながら説明いたします。

イネオス1:59の結果

2時間切りを達成したのは、世界最強のマラソンランナーであり、2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ選手です。

記録は1時間59分40秒。5kmごとのラップは以下の通りです。

40kmまではほぼキロ2分50秒のイーブンペースで、ラスト2.195kmの6分4秒はキロ2分45秒という驚異的なペースです。

イネオス1:59チャレンジはフルマラソンで2時間を切るためのイベントで、挑戦したのはキプチョゲ選手ただ1人です。

その様子はYouTubeで生配信され、50万人もの人に見守られながら歓喜のゴールを迎えました。

そのYouTubeはこちらですが、全て英語のためわかりにくいかもしれません。


イネオス1:59のコース&日程

コースは、オーストリアのウィーンにあるプラーター公園内の「ハウプトアレー」で、その直線9.6kmを4往復と+αを走る、地元でも人気のランニングコースです。

開催日は前述の通り2019年10月12日でしたが、悪天候の場合は延期となり10月13日〜20日の中で行われる予定でした。

当日の気象条件は問題なしと判断されたため、予定通りに実施されました。

イネオス1:59のペースメーカー

ペースメーカーは41人ものランナーが入れ替わり務めましたが、唯一の日本人として村山紘太選手が参加していました。

ペースメーカーは全員がピンクのヴェイパーフライネクスト%です。

そして目立ったのはそのフォーメーションで、Xの形でキプチョゲ選手を引っ張っていました。

前に壁を作って走るのが良いのは明らかですが、後ろにもペースメーカーを置くという考えは今までになかったのではないでしょうか?

さらに先導車がレーザーでペースやコースを示すというのも斬新な方法です。

ちなみに後述する「breaking2」の時のペースメーカーは、3人が横一列で先頭を引っ張り、次に2人が2列目を走り、その後ろをチャレンジャーたち3人が走るという方式でした。

イネオス1:59のランニングシューズ

ペースメーカーは全員がピンクのヴェイパーフライネクスト%を履いていました。

そしてキプチョゲ選手は真っ白で超厚底のナイキのシューズを履いていました。

後にアルファフライと呼ばれるモデルの試作品ですが、ピンクに混じる白がかえって目立ちます。

カーボンプレートが3枚入っているとの噂もありましたが、はっきりと発表されてはおらず、真相は不明です。

しかし、その後、シューズの厚さやプレートに国際陸連より規制が入ることになります。

ミッドソールは4cm以内、かつプレートは1枚という新規定が作られます。

ところが、この新規定をあっさりクリアしたシューズをナイキは規制発表のわずか6日後に発表します。

それが「ナイキエアズームアルファフライネクスト%」です。

イネオス1:59の補給

補給に使われたのはモルテンドリンクで、後述するbreaking2の時に有名になり、今や市民ランナーの間にも広まるようになりました。

補給方法もテーブルに並べた補給ドリンクをとるという、マラソン大会でよく見られるごく当たり前の方法ではなく、自転車に乗ったサポートメンバーが渡すというものでした。

この補給方法はbreaking2の時にも見られました。

イネオス(INEOS)とは?

イネオス(INEOS)とはイギリスのロンドンに本社を置く化学会社で、イネオス1:59チャレンジのスポンサーです。

1998年に創業し、世界10傑に入るほどの巨大企業です。

イネオス(INEOS)は「チーム・イネオス」という自転車のロードレースのチームを持っていて、イネオス1:59チャレンジが行われる前までに6度のツール・ド・フランス優勝を誇ります。

自転車はマラソンよりはるかに風の影響を受けるスポーツなので、ペースメーカーのとったXのフォーメーションは、自転車競技の専門的な理論が培ったノウハウによるものだと思えます。

ブレイキング2(breaking2)

breaking2は2017年5月6日にイタリアのモンツァのサーキットで行われたフルマラソン2時間切りチャレンジのイベントです。

1周2.4kmのサーキットコースを17周するコース設定でした。

いわばイネオス1:59は第2回の「breaking2」イベントと言えます。

当時の世界記録は2時間2分57秒で世界記録保持者はデニス・キメット選手でした。

この時の挑戦者は以下の3人です。

breaking2挑戦者

エリウド・キプチョゲ :リオオリンピック金メダリスト
ゼルセナイ・タデッセ:ハーフマラソン世界記録保持者
リレサ・デシサ:ボストンマラソン2回制覇

ペースメーカーに最後まで食らいついたのは当時世界歴代3位の2時間3分5秒の記録を持つエリウド・キプチョゲ選手でした。

記録は2時間0分25秒という、サブ2まであと26秒のところまで迫るタイムが記録されました。

あと1歩のところで「breaking2」は失敗に終わったのですが、このイベントが有名にしたものは3つあります。

breaking2が有名にしたもの

エリウド・キプチョゲ
ナイキの厚底シューズ
モルテンドリンク

まずはエリウド・キプチョゲ選手です。

彼にはイベント前からオリンピック金メダリストという肩書きがありましたが、当時の持ちタイムは世界歴代3位でした。

後に世界記録保持者(2018年ベルリンにて2時間1分39秒)となり、名実ともに世界最強最速のマラソンランナーと成長を遂げることになります。

次にナイキの厚底シューズです。

当時はまだ謎の厚底シューズという感じでしたが、2ヶ月後に販売されるヴェイパーフライ4%は市民ランナーの間でも圧倒的な人気を集めることになります。

イベント参加者らが履いていたのはヴェイパーフライ4%のエリートモデルであるヴェイパーフライエリートの試作品でした。

そして最後にモルテンドリンクです。

モルテンは胃をすり抜けて腸で炭水化物を吸収させるため、通常より早くかつ多くのエネルギーを得られるのが特徴です。

注意点やおすすめの飲み方などはモルテンドリンク320は効果ある?その特徴と飲み方とは?で詳しく説明してますので、よろしければご覧ください。

イネオス1:59前後のビッグレース

イネオス1:59チャレンジの2週間ほど前、世界屈指の高速レースとして有名なベルリンマラソンでは、エリウド・キプチョゲ選手の持つ世界記録に2秒に迫る記録が生まれました。

迫ったのは今でも5,000m・10,000mの世界記録を持つケネニサ・ベケレ選手で、今後この2人のハイレベルな争いがあれば一気に記録が縮められる可能性もあると思える内容でした。

また、イネオス1:59チャレンジの翌日に行われたシカゴマラソンでは女子の世界記録が実に16年ぶりに生まれました。

ポーラ・ラドクリフさんの記録も2位に1分以上つける圧倒的なタイムでしたが、ブリジット・コスゲイ選手はそれをさらに1分以上も上回る衝撃の記録(2時間14分4秒)でした。

2人ともシューズはヴェイパーフライネクスト%だったというのもまたナイキの宣伝効果となったわけです。

まとめ

イネオス1:59チャレンジ(INEOS1:59challenge)は2時間を切るための条件が整っていたとは言え、キプチョゲ選手はかなり余裕を持ってゴールしたように思えます。

2020年は大きな大会は開かれない懸念もありますが、そう遠くない将来、公式記録としての2時間切りに期待を持てる内容だったと改めて思えるイベントでした。

なお、ゴールタイム1時間59分40秒は、現在の世界記録である2時間1分39秒をちょうど「1分59秒」上回るものでした。

スポンサーリンク