アシックス ランニングシューズ ブラストビヨンドシリーズ4部作特徴まとめ

アシックスのランニングシューズは大別してPROTECT(プロテクト)・ENERGY(エナジー)・SPEED(スピード)・TRAIL(トレイル)の4種類があります。

その4種類はさらに以下のように各2種類ずつに分かれます。

PROTECT(プロテクト)

・STABILITY(安定した接地感)
・CUSHION(柔らかい接地感)

ENERGY(エナジー)

・SAVING(もっとラクにもっと長く)
・RETURN(いつもの道をはずませよう)

SPEED(スピード)

・FAST(軽快な走りを)
・RACING(スピードの追求)

TRAIL(トレイル)

・URBAN(比較的イージーな路面)
・MOUNTAIN(激しい区間に挑む)

「NOVABLAST(ノヴァブラスト)」「DYNABLAST(ダイナブラスト)」「ROADBLAST(ロードブラスト)」「VERSABLAST(ヴァーサブラスト)」の4つのモデルは通称「BLAST BEYOND SERIES(ブラストビヨンドシリーズ)」と呼ばれ、ENERGY RETURN SERIES(エナジーリターンシリーズ)に分類されます。

ENERGY RETURN SERIES(エナジーリターンシリーズ)は着地時や蹴り出し時のエネルギーに着目し、地面から受けるエネルギーを最大化させることに焦点をあてて開発されたモデルです。

この4モデルがどう違うのか、スペックや特徴をまとめましたので参考にしてください。

なお、シューズの重量はアシックス公式通販サイト、またはその他 販売店情報をもとに記載しています。

NOVABLAST(ノヴァブラスト)

NOVABLAST(ノヴァブラスト)はブラストビヨンドシリーズのフラッグシップと言えるモデルです。

シューズの重量は27cmで261gです。

ミッドソールには「FLYTEFOAM BLAST(フライトフォームブラスト)」という素材が使われています。

これは通常の「FLYTEFOAM (フライトフォーム)」より反発性が強く非常に柔らかい素材ですが、重量はありそうです。

ノヴァブラストのアウトソールはこのように特徴的な形状をしています。

これはブラストビヨンドシリーズ全てに共通している形状ですが、これが「FLYTEFOAM BLAST(フライトフォームブラスト)」と並ぶ、このシリーズの反発性の秘密です。

トランポリンのように弾むと公式サイトにも書かれていますが、中央部のくぼみが弾む感覚を与えてくれます。

踏み込んだ瞬間に変形し、復元しようとする力で反発を与えてくれるイメージです。

カーボンプレートの強い反発とは違って、足に優しい「弾む」反発といった感じです。

アッパーは「モノフィラメントメッシュ」というメッシュ素材です。

モノフィラメントメッシュは繊維が従来の約半分の細さにも関わらず同等の強度を維持しており、非常に柔らかいのが特徴です。

最後に使用シーンですが、反発性はあるとは言え、速く走るためのシューズではなく、ラクに長く走るための反発性のため、ロングジョグが最適です。

NOVABLAST(ノヴァブラスト)スペック・特徴

・重さ:27cm261g
・ミッドソール:フライトフォームブラスト
・アッパー:モノフィラメントメッシュ
・ロングジョグ向け


NOVABLAST(ノヴァブラスト)2

27cmで280gと前作から重くなりましたが、納得のアップグレードです。

まず、アッパーはエンジニアードメッシュに変更になりました。

ミッドソールの素材はフライトフォームブラストで変更はありませんが、厚みは2mm増し、前足部は22mm・後足部は30mmとなりました。

フライトフォームブラストは反発性とクッション性に富んだ柔らかいミッドソールですが、その柔らかさから前作は不安定さも指摘されたりしました。

今作では2mm厚くなったことにより、前作より不安定になりそうなイメージですが、かかとがせり出し気味になり、むしろ安定感を増しました。

当然クッション性も反発性も前作より上がっており、重くはなったものの前作より楽にスピードを出しやすく維持しやすいシューズです。

もう少しスピードを出したいのであればダイナブラスト2が、もっと安定感が欲しいのであればゲルカヤノ28がおすすめです。

ノヴァブラスト2について、より詳しくは「アシックス ノヴァブラスト2レビュー!」の記事を参照してください。

NOVABLAST(ノヴァブラスト)2 スペック・特徴

・重さ:27cm280g
・ミッドソール:フライトフォームブラスト
・アッパー:エンジニアードメッシュ
・クッション性も反発性も高い
・スピードはそこまで上げられないが、一定のスピードの持続がしやすい
・後足部は柔らかいものの、安定感がある

DYNABLAST(ダイナブラスト)

DYNABLAST(ダイナブラスト)はNOVABLAST(ノヴァブラスト)よりトレーニングに適したモデルです。

シューズの重量は27cmで249gです。

アウトソールの形状はNOVABLAST(ノヴァブラスト)と全く同じです。

また、ミッドソールに「FLYTEFOAM BLAST(フライトフォームブラスト)」という素材が使われている点も同じですが、DYNABLAST(ダイナブラスト)の方がNOVABLAST(ノヴァブラスト)より薄いです。

重量の差はこの厚みの差だと言えます。

また、アッパーは「エンジニアリングニット」というメッシュとニットの中間のような柔らかい素材を使用しています。

履き心地はNOVABLAST(ノヴァブラスト)に近いですが、DYNABLAST(ダイナブラスト)の方が軽量かつミッドソールが薄く沈み込みが少ないため、スピードを出しやすいタイプです。

とは言え、がっつりしたスピード練習に履くようなシューズではなく、やや速めのジョグとかテンポ走に向いているようなシューズです。

DYNABLAST(ダイナブラスト)スペック・特徴

・重さ:27cm249g
・ミッドソール:フライトフォームブラスト
・アッパー:エンジニアリングニット
・速めのジョグや軽いテンポ走向け

DYNABLAST(ダイナブラスト)2

27cmで252gです。

前作とは3g差ですので、ほぼ誤差の範囲です。

前作から変更されたのは点はアッパーとミッドソールのドロップ差です。

前作もアッパーはニットでしたが、補強が減って軽量化された感があります。

ミッドソールの厚さはかかとが24mm、前足部が16mmでドロップ差は8mmになりました。

前作は12mmだったため、大きな変更点です。

前作はドロップ差しかわからないため推測ですが、前足部が厚くなり、かかと部が薄くなることでドロップ差が縮まったように思います。

ミッドソールの素材自体はフライトフォームブラストで変更はありません。

ドロップ差8mmというのはノヴァブラスト2と同じで、ノヴァブラスト2より前足部も後足部も6mm薄い設計です。

そのため、クッション性や反発性はいずれもノヴァブラスト2に劣りますが、ダイナブラスト2の方が軽量なためにスピードは出しやすいです。

とはいえ、インターバルのようなスピードを出しやすいシューズではなく、前作と同じく速めのジョグやテンポ走向けです。

DYNABLAST(ダイナブラスト)2 スペック・特徴

・重さ:27cm252g
・ミッドソール:フライトフォームブラスト
・速めのジョグや軽いテンポ走向け

ROADBLAST(ロードブラスト)

ROADBLAST(ロードブラスト)はランニングだけでなく、ジムやフィットネスでも使え、カジュアルユースもできるというコンセプトのシューズです。

シューズの重量は27cmで247gです。

ミッドソールにはAMPLIFOAM(アンプリフォーム)が基本に使われ、FLYTEFOAM BLAST(フライトフォームブラスト)はかかと部分のみ使用されています。

AMPLIFOAM(アンプリフォーム)は軽量感はありますが、特に反発性・クッション性に優れるわけではなく、おそらくコスト削減のために使われています。

そのためランニング「にも」使えるモデルではありますが、ジムやフィットネスに使うレベルのシューズです。

ブラストビヨンドシリーズの入門編として使うのはありですが、本格的なランニングに向いたシューズではありません。

ROADBLAST(ロードブラスト)スペック・特徴

・重さ:27cm247g
・ミッドソール:アンプリフォーム+フライトフォームブラスト
・ランニングよりフィットネス向き

VERSABLAST(ヴァーサブラスト)

VERSABLAST(ヴァーサブラスト)もROADBLAST(ロードブラスト)と同じく、ジムやフィットネス、カジュアルユースもできるというコンセプトのシューズです。

シューズの重量は27cmで207gです。

シリーズ最軽量のモデルですが、ミッドソールにはおそらくランニング用ではないスポンジソールが使われており、ランニング用にはおすすめできません。

価格は安いのとアウトソールは他のブラストビヨンドシリーズと同じため、カジュアルユースでトランポリン感覚を味わいたい人にならおすすめできるシューズです。

VERSABLAST(ヴァーサブラスト)スペック・特徴

・重さ:27cm207g
・ミッドソール:スポンジソール
・カジュアルユース用シューズ

まとめ

以上、アシックスのENERGY RETURN SERIES(エナジーリターンシリーズ)に分類されるBLAST BEYOND SERIES(ブラストビヨンドシリーズ)のまとめでした。

アシックスの他のシリーズについてもまとめていますので、よろしければ以下の記事も参照してください。

アシックス ランニングシューズ レーシングシリーズ4部作特徴まとめ

アシックス ランニングシューズ ファストシリーズ5部作特徴まとめ

アシックス ランニングシューズ ライドシリーズ3部作特徴まとめ

アシックス ランニングシューズ スタビリティーシリーズ3部作特徴まとめ

また、他メーカーのランニングシューズについてもまとめてますのでよろしければ下記の記事も参照してください。

アディダス アディゼロシリーズ7モデル特徴まとめ

ミズノ ランニングシューズ ミズノエナジー搭載モデルまとめ

ホカオネオネ ランニングシューズ一覧!おすすめと選び方まとめ

ニューバランス フューエルセル シリーズ スペック・特徴まとめ

ニューバランス ハンゾー シリーズ スペック・特徴まとめ

ナイキズームランニングシューズ徹底レビュー!最新モデルを随時更新

スポンサーリンク